読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

デスノート 7話あらすじと感想

ドラマ版のネタバレです。ノートと記憶を取り戻し「計画通り」と笑う夜神月! 

 

キャスト

夜神月 (窪田正孝
L   (山崎賢人
ニア  (優希美青

弥海砂  (佐野ひなこ
夜神粧裕 (藤原令子
夜神総一郎松重豊
魅上照  (忍成修吾
ワタリ  (半海一晃

原作「Death Note大場つぐみ
漫画 小畑健   

 

7話

月がキラではない・・と、確信出来ないL。
「キラを捕まえたら、君を信じます」と告げる。

Lは信じてくれない・・身の潔白を証明するため、キラを捕まえる・・と決意の月。

キラはヨツバジャパングループに加担している・・と判明。
本命の殺人をカモフラージュさせるため、犯罪者を裁いてる・・と、考えるL。

ヨツバジャパングループが怪しい・・と、感じるLは調査を命じる。
「流河や父さんに疑われるくらいなら・・キラを一緒に捕まえたい」と、捜査に協力する月。

弥海砂と月を再会させるL。
「キラは人の心を操れる」
2人の態度が変わったことで、妙だと指摘するL。
2人はキラの記憶を失い、人を殺す能力だけが他の人物に渡った・・と察する。

ヨツバジャパンを調査するLは、タレントオーデションで弥海砂を利用。
タレントとしてオーデションを受け、ヨツバジャパン本社に潜入させる作戦。
マネージャー役には松田(前田公輝)を同行させる。

本気でタレントオーデションに臨む弥海砂。ヘアメイク役で、月もLの指示に従う。
会議室に侵入、監視カメラを付ける月。

弥海砂の持ち物に監視カメラを付け、オーデションの様子を監視するL、総一郎たち

弥海砂に質問するのは、世界的な探偵バベルだった。
「あなたは第2のキラですか?Lの顔を見ましたか?」
キラ対策室の内幕を話す弥海砂

キラだとバレないように・・と、本命で殺害する人物は事故死にする尾々井たち。

警察に、キラがヨツバジャパンに関わってるのが知られる・・と、恐れる尾々井、火口たち。
Lに次ぐ優秀な探偵バベルに調査を依頼していた。

バベルとはニア(優希美青)の事。
Lのブレーン的存在のニア・・と、驚く月。

第3のキラを逮捕するため、松田にTV出演させるL。
「キラは殺人犯です」と、TVで証言する松井。
しかし、松井は偽名だった。

弥海砂のマネージャーに会話を聞かれた、と慌てる幹部たち。
マネージャーが、TVで第3のキラについて話している。
殺す為、火口(柏原収史)は、レムと取り引きをする。

ヨツバジャパン幹部の中にキラがいる・・と、推理しているL。

ノートに名前を書き写してるのを監視カメラで目撃。
弥海砂を食事に誘った第3のキラは・・火口と判明するL。

火口が、ノートに名前を書いて人を殺す瞬間を確認したいL。
しかし、「仲間を殺したら負けだ」と、言う月。

弥海砂の撮影中、「キラの力になりたい。会わせてくれ」と、会いに来る魅上。
だが、月が追い返す。

マネージャーを殺す為、TV局に向かう途中、白バイ警官に捕まる火口は死神の目で殺す。
「顔だけで人を殺した」と、火口の手口を確信するL。

TV局に入った火口を監視、包囲する警察、Lと月たち。
「あなたは・・顔だけで人を殺せるんですよね・・カバンの中にあるノートを見せて下さい。あなたが殺した人の名前が書いてあるはずです」と、火口に言うL。

追い詰められ、月とLたちに銃を向ける火口。
咄嗟にLを庇う月・・。

火口は警察に捕まる。

火口のカバンから、ノートを取り出すLと月。
Death Note・・」
殺害された人の名前が書いてあるノートを見るLはレムに驚く。

ノートの所有者でなくても、ノートに触れた者は死神が見えるのだった。

ノートを拾う月は、キラの記憶をすべて思い出す。
「俺が・・キラ・・。レム、思いだした。俺には俺の使命があったんだ・・記憶を持ち続けるには・・ノートの所有権を再び、得る必要がある。所有権を取り戻すためには・・今の所有者を消せばいい・・」

「このデスノートであいつを消す・・キラが世界を変えてやる・・いや、俺が世界を変えてやる」

ノートに証拠を残さないため・・時計に隠したノートの切れ端に、血で火口の名前を書いて殺す月。

火口が突然、心臓麻痺で死んで驚くL、総一郎たち。

「計画通り・・」と、火口を殺して笑う月。

「決着をつけよう・・L・・」と、つぶやく月。

続く・・

レムに驚くLが可愛かったですね。

月もすべてを思いだし、新しい世界を作るため、また殺人を行うと思います。

ヨツバジャパンの火口が、映画版のキャスターと同じ役目ですね。
結局、第3のキラは殺され、ノートの所有者に戻る月です。

今後、山に埋めたノートを弥海砂が掘り起こす事で、弥海砂も記憶を取り戻す・・という流れ。
でも、ドラマ版は少し、違う展開のようです。

映画では登場しなかったニアの活躍が見れそうですね。
ニアはメロに逆らえず、Lと戦う事になりそうな気がします。

窪田正孝クンの演技が後半、光ってましたね。笑う姿が素敵でした♪  

arasuji.hateblo.jp

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする