読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「デスノート the Last name」あらすじと感想

ドラマが始まり、映画版を久しぶりに視聴してみました。ネタバレです。 

f:id:luccax:20150808212318j:plain

 

死神リュークが落としたデスノートを入手、キラとして凶悪犯を殺害してきた夜神月藤原竜也)。
インターポールから送られた名探偵L(松山ケンイチ)と対峙する事に。

恋人が殺され、キラ対策本部に参加、Lと一緒にキラ事件の捜査に協力する月。

キラを捜すため自ら、寿命の半分と交換で、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える「死神の目」を得る弥海砂
マスコミを利用して、第2のキラとして殺人を行っている。

第2のキラは顔を見ただけで人を殺せる・・と見抜くL。

TV局内で、夜神月を捜し出す弥海砂戸田恵梨香)は、月にデスノートを預け、忠誠を約束する。

弥海砂とLを会わせ、Lの本名を探る計画の月。
しかし、弥海砂が監禁された・・と驚く。

第2のキラとして、弥海砂を監禁させたL。
弥海砂は自白を拒否、心配するレムは月に助けるよう求める。

ノートの所有権を放棄すれば、デスノートの記憶は消える。
監禁されている弥海砂にノートを放棄させ、第2のキラである記憶も忘れさせる月。

ノートの記憶も失い、夜神月を彼氏・・と、認めるようになった弥海砂
そんな弥海砂を見て、何かが違う・・と感じるL。

弥海砂を好きになった死神ジェラスが、弥海砂の寿命が尽きる時、ノートに犯人の名前を書いて殺した。
ルール違反をしたため、砂になって死んだジェラス。

ジェラスに託され、弥海砂を見守るレムだった。

レムから、ノートをキラを継ぐ者に渡させる月。

ノートに触れば、失った記憶は戻る。
記憶が戻ってる間に、前の所有者を殺せば良い・・・と、確認する月。
ノートの所有権を得れば、記憶は失わない。

「キラの考えは正しい」と、報道していたキャスター/高田清美片瀬那奈)。
レムからノートを受け取り、次々と犯罪者を殺していく。

月は突然、「無意識の中で、自分がキラかもしれない・・監禁して欲しい・・」と、言いだす。
月を監禁するL。

数日後、「捨てる」と、リュークに指示する月。ノートを放棄した月もキラの記憶を失う。
「俺はキラじゃない。一緒にキラを捕まえよう・・」
キラの記憶を失い、本当に殺害した事を忘れて叫ぶ夜神月

捜査の立て直しをLに要求、月と弥海砂の監禁を解かせる総一郎(鹿賀丈史)。

キラの裁き・・と、報道を続けるキラ支持派の高田清美
ライバルキャスターの西山冴子(上原さくら)をノートで殺害する。
高田清美が新キャスターとなる。

捜査の手がかりとして、キラの情報をLに与える月。
「新しいキラがいる・・」
新しいキラは、さくらTVで報道された犯罪者を狙ってる事が判明。

監視カメラで、清美が誰かと話しながら、ノートに犯罪者の名前を書いてるのを知るL、月たち。
(レムと話している)

ある日、監視カメラの映像で、500万を要求される清美。
自分を脅した松尾の名前を、ノートに書いて殺そうとする。
それを監視するLたち。

しかし、偽名だった為、松尾は死なない。
「レム、どういうこと?死神の目をちょうだい」と、言う清美に驚くLたち。

レムと取り引き、死神の目を持った清美は警察に拘束される。

「ノートに名前を書いたら死ぬ・・死神のノートだ」
ノートを拾い、レムに驚く総一郎、L。

月はノートに触り、すべての記憶を取り戻す。

すべてレムに指示、偽のデスノートのルールを書き込ませていた月。
ノートの切れ端に清美の名前を書いて殺害する。

前の所有者を殺したため、ノートは月のものとなる。
清美の死により、状況が理解出来ないLたち。

「ノートの持ち主は、次の所有者に変わった時、死ぬのでは・・?」と、言いだす月。
だから、最初のキラ、第2のキラも死んでいるのだろうと。

「ノートに名前を書いた者は・・13日以内に名前を書き込まなければ死ぬ」

月が考えた偽のルールで、月と弥海砂はキラでない・・無実となる。
2人の監視を終える、と言うL。
だが、キラの捜査は続ける、と言う月。

清美を殺害、弥海砂が持っていたノートの所有者となった月。
弥海砂に頼み、自分が土の中に隠したノートを掘り出させる。
ノートに触り、すべてを思い出す弥海砂は、リュークのノートの所有者となる。

「2人で理想の社会を築くため・・竜崎の名前を見ただろう・・奴がLだ・・Lを葬るのだ」
月の手紙を読んで、考えを理解する弥海砂だが・・Lの名前を忘れていた。

リュークに死神の目を要求する弥海砂
「月の言う通りにしたい・・・」と、もう一度、Lの名前を見るために寿命の半分を差し出す。

ノートのルールが信じられないLは、FBIに協力を求める。
死刑囚に名前を書かせ、ルールが本当なのか・・確認すると言うL。
総一郎がノートを持ってヘリポートに向かう。

「13日ルールは弥海砂には通用しない。第2のキラ・・もう1冊のノートを持っている・・」と考えのL。

弥海砂は私の名前を忘れている。もう1度、弥海砂に私の素顔をさらします。ノートに書く瞬間、取り押さえます」
Lの考えに驚く月。

「私が死ねば・・夜神さんがノートを燃やす事になっている」と、言うL。

月の考えに驚くレム。
「死神は人間の寿命を延ばしたら死ぬ。それを知りながら、弥海砂を窮地へ追いやり、私に救わせた・・それは弥海砂の寿命を延ばす事に・・私は砂になる。それがお前の計画だったのか・・夜神月、私のノートはお前には渡さない・・」
レムは砂になって死ぬ。

弥海砂と一緒に来たワタリ(藤村俊二)、Lが倒れる。
「名前くらい知りたかったよ・・バカ」と、つぶやく月。
レムが自分のノートを焼却した事を知る。

「新世界に犠牲は付きものだ」と、総一郎の名前をノートに書く月。
父親の名前を書く月に驚く弥海砂

しかし、月と再会する総一郎は、「監視はお前の声だ。お前を逮捕する」と、言う。
アメリカ行きは嘘だった。
捜査員に包囲される月。

弥海砂のノートをすり替え、自らの名前を書いたL。
「月はキラではない・・」と、信じていた総一郎だったが、Lがノートに名前を書き込んだ事で、協力する事に。

自分の命を諦め、夜神月がキラ・・と、確認したかったL。
月の時計の中、デスノートの切れ端を見つけ、清美の殺害を確信する。

「確かに僕がキラだよ・・そして新世界の神だ・・」と、笑う月。
「いいえ。あなたはただの人殺しです」と、言うL。

リュークを呼び、その場にいる人間の名前を書かせる月。
だが、リューク
「俺に頼るようじゃ・・お前も終わりだ・・」と、夜神月の名前を書く。

「キラは正義なんだ・・父さん、わかってくれよ・・」心臓麻痺で死ぬ夜神月・・。
月を抱きしめ、嗚咽する総一郎。

デスノートはすべて・・私が処分します」と言うL。
「お前は使わないのか・・つまらない」と、消えるリューク

デスノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。死んだあとにあるのは無だ・・」

キラの死は公表しない。
ノートを焼却したため、弥海砂の記憶はなくなる。

総一郎に別れを告げ、亡くなるL・・。

1年後

夜神月を思い出す弥海砂・・

-----完------

ラストは家族で、月を思いだしてました。
あれはなくても良さそうな気も。
Lが亡くなったシーンで、終わった方が良かったです。

映画版の総一郎は凜々しすぎる気もしました。

Lが偽のデスノートのルールに気が付いた。色々な矛盾と
推理で、月を追い込んだ方法が面白かったですね。
でも、2人とも死んじゃうのは残念です。 

この映画「デスノート the Last name」は、ドラマの6話くらいからの内容ですね。
ドラマでは5話で、弥海砂が監禁されたから。

弥海砂はストーカー男に襲われた時、本来ならば死んでいた。
けれど、ジェラスがノートに男の名を書いて助けてくれたのです。 

この映画版では、リュークの声は中村獅童で、レムの声は池畑慎之介☆・・つまり、ピーターです。

やはり、この映画は面白いと感想です。
ドラマも今、展開がゆっくりというか、詳細な描写で興味深い内容となってると思います。

そして、松山ケンイチのL、インパクトありますね。
後半、追い詰められた月を演じる藤原竜也もさすがだと思いました。

長い記事を読んで下さった方、ありがとうこざいます。
下手くそですみません^^;   

好きレベル ☆☆☆☆☆(5個満点)

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする