読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「アントキノイノチ」 あらすじと感想

映画

死と向かい合い、命の重さを感じる主人公たち。 

2011年 日本
監督 瀬々敬久
さだまさし (著) 

 

あらすじ


永島杏平(岡田将生)は、遺品整理の仕事をしている。

緊張すると思うように話せない杏平を、先輩の佐相(原田泰造)は優しく見守ってくれる。
同僚の久保田ゆき(榮倉奈々)も親切だった。

高校時代、親友の山木信夫(染谷将太)は、松井新太郎(松坂桃李)から苛められ、自殺してしまう。

山木が亡くなり、杏平が虐めの標的に・・。
松井を恨み、殺したい・・と思う杏平だが・・殺すことは出来なかった。

そのトラウマで杏平は高校中退・・躁鬱病で通院していた。

仕事に慣れない杏平を気遣うゆき。
杏平をホテルに誘うゆきは思い切って、自分の苦しい事情を打ち明ける。

高校の時、同級生に乱暴され、妊娠してしまった。
親と一緒に相手の家に行くも、
「あの子から誘われた」と、ゆきの責任になってしまう。
ショックを受けるゆきを信じず、責める母親だった。

苦悩するゆきは自殺しようと、何度もリストカットする。
「今度こそ・・深く切って・・」と、決意した日、流産してしまう。

「あの時の命は私を救ってくれた・・」
子供が自分で流れてしまった・・と、号泣するゆき。
ゆきの事情を知り、言葉を失う杏平。

ある日、風俗の女性が男と遊びたいため、2人の幼子を置いて外出。
残された2人の子供は餓死。
その部屋の遺品整理中、子供の服を見て泣き出してしまうゆき。

その後、ゆきは行方不明となってしまう。

佐相と仕事する杏平。
「残された遺品は色々な事を語ってくれる・・死は1人で迎えるしかないのだけど・・生きるには・・誰かと繋がっていたい。誰もいなくなった部屋で、写真を撮っていたゆきの気持ちがわかる気がした・・」

実家で聞いて、介護施設で働くゆきを訪ねる杏平。
しかし、杏平を避けるゆき。

認知症の妻が施設で亡くなり、遺品整理を杏平に頼む夫。
妻は電話で夫の声を録音していた。そんな妻と知り、号泣する夫。
泣いてる男性を見て、何かを感じる2人。

ゆきに高校時代の過去を話す杏平。
苛められ、同級生を殺したい・・と、思った事を打ち明ける。

「命は繋がっている・・」
杏平の過去を聞いてつぶやくゆき。

「あのときの命・・くり返して言ってみて・・」と言う杏平。
「あの時の命・・あの時の命・・・」と、答えるゆき。
「プロレスの人になっちゃうよね・・?」
「元気ですかーー?」と、叫ぶ2人。

「もう1人じゃない・・初めてそう思えた・・」
杏平と抱き合い、実感するゆき。

施設
仕事中、子供を守り、事故で亡くなるゆき。
「私は彼と出会って・・もう1度生きようと思った」

遺品整理の仕事を続けている杏平。
佐相と一緒にゆきの遺品整理中、自分の写真が沢山あるノートをみつける。

杏平と仕事中、デジカメで撮り続けていたゆきだった。
ゆきを思いだし、むせび泣く杏平。

その後、ゆきが助けた少女と会う杏平。
「元気ですかー?」と、聞く。
微笑む少女。

感想

まず、字幕表示で観てください。
台詞がボソボソ系であり、聞き取りにくいです(^_^;)
大事な言葉を聞き逃してしまいそう。

遺品整理をするうち、「命」の重みを感じる杏平とゆきの物語です。

色々な事情があるとしても・・。
業者に遺品整理を頼む人は、亡くなった人にあまり、良い感情を持っていない気がします。

本当に大切に思っているのなら、家族が遺品整理するでしょうし。
でも、遺品の中に大切なものがある・・と、気が付くんですよね。

遺品を片付け、大事なものを見つけた時、杏平は家族に渡す努力をします。
すぐに受け取る人もいるけれど、拒否する人もいる。

亡くなった人に心寄せ、理解しようと優しい気持ちの杏平なのです。
そんな彼だから、傷ついているゆきも心開いたのだと思います。
もちろん、先輩の佐相も良い人です。

やっと、信頼出来る杏平と巡り会ったゆきなのに・・あんなラストとは。

「元気ですかーー?」っていう言葉にはびっくり。
2人で強く生きていくラストが希望でした。

原作の小説、アマゾンの評価はとても良いですね。

過去に辛い事があっても、簡単に死ぬことはできない。
生きていれば何か良い事もある。

生まれたからには死ぬまで生きていく・・寿命が来るまでは死ねない。
命は繋がっている・・そんな風に思えた作品でした。

好きレベル☆☆☆(満点5個) 

アントキノイノチ (幻冬舎文庫)

アントキノイノチ (幻冬舎文庫)

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする