読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

デスノート 最終回あらすじと感想

ネタバレです!視聴率14.1%「キラが現れてから犯罪は減った。世の中はキラを求めてるんだよ」夜神月の叫ぶ声。迫力あるドラマ版のラストでした。 

キャスト
夜神月 (窪田正孝
L   (山崎賢人
ニア  (優希美青
弥海砂  (佐野ひなこ

夜神粧裕 (藤原令子
夜神総一郎松重豊
魅上照  (忍成修吾
ワタリ  (半海一晃

原作「Death Note大場つぐみ
漫画 小畑健  

最終回あらすじ

総一郎の葬儀も終わり、ほくそ笑む月。
「日村は死んだ・・」

模木たちには、父は日村と話していた・・と嘘をつく。
今回の事件は、メロが深く関わっていると思わせる。

メロから電話が来る。
「お前に俺の父親を殺した容疑をかけられるぞ」と、脅す月。
「とうとう・・親父まで手にかけたか。必ず、お前を殺してやる」と、言うメロ。

月に「お父さんのため、日村とメロを捕まえよう・・」と言う模木。
日村の携帯から居場所が判明、爆発で死んだとわかる。

総一郎が死んだ日、日村が現れ、「メロの指示でお前を殺す」と言われた・・と、嘘の証言をする月。

メロは血痕から負傷してる・・と、月に話す模木。

弥海砂に、「メロは俺たちを殺す気だ・・」と、電話で警告する月。
月も襲われそうになる。

弥海砂の知っているメイドカフェで会う事に。
魅上には死神の目で、「メロを消してくれ」と、指示。
「メロを消したら、対策室の全員を殺してくれ」と、弥海砂に命じる月。

「最終決戦が始まる・・メロと夜神月のキラ軍団の戦い・・」と、喜ぶリューク

L のビデオを見るワタリ。
ワタリに電話で、
「L のビデオはどこまで見た?やることは分かってるんだろう?」と、聞くメロ。
「また、勝手なことを・・」と、つぶやくワタリ。

メロの潜伏先が見つかり、警察と一緒に向かう月。
「見つけたぞ・・メロ。今日がお前の命日だ・・」と、つぶやく。

魅上に電話で、メロの居場所を教える月。
弥海砂にも電話する。
「これで終わる。いや、今日から始まる。完全なるキラの世界が・・」
つぶやく月。

倉庫
メロのいる倉庫を包囲する警察。
地検として現場に現れる魅上は、死神の目でメロを待つ。

倉庫に突入する模木は撃たれた・・と、報告を受ける月。

メロは負傷してる可能性がある・・と思いだし、倉庫から抜け出した男を追いかける月。

男を追及する月。
「お前はメロだろう・・?」
「私はニアです。メロに乗っ取られたふりをしてたんです」と、答えるニア。

粧裕を誘拐したのは第2のキラを捜すため、月を挑発する必要があった。
月がボロをだすよう考えた、と説明するニア。

「最後のピースは必ず、私がはめる」と、言うニア。

死神の目でニアを見る魅上は、名前の「ネイト・リバー」とノートに書く。
だが、ニアは東京地検に行き、ノートをすり替えていた。

月の指示で、偽のノートを引き出しに入れていた魅上。
「思い通り・・」と、笑いをこらえる月。

「この勝負、私の勝ちです」と言うニア。
「ニア、俺の勝ちだ」と、笑う月。

ニュースを見て、ノートに名前を書いて削除していた魅上。
しかし、ニュースはワタリに作らせた偽物だった。

「"俺の勝ちだ"・・という言葉は自白と同じです」
月に言うニア。

模木、警察に包囲されてしまう月、魅上。
すべて、L、メロの作戦で月は騙されていたのだった。

夜神月・・あなたがキラです」と、言うニア。

月に総一郎の事実を教える模木。
「係長が亡くなった日、”月に父親として自白させる・・君たちは生きてくれ・・”」と告げていた、と。

日村は元FBI捜査官、L に頼まれ、「ニアと組んでくれ・・」と言われていた。
「命令だ。生きてくれ」と、日村に告げていたL 。

月にL の最後のビデオを見せるニア。

ビデオのL は月に告げる。
「ニアに指示しておいたんです。キラの負けを大勢の前で見せつけてくれ、と頼んだのです。正義は勝つ・・負けを認め、罪を償うのです・・君の負けだよ・・」と、言うL 。

負けを認め、罪を償うか、ノートに名前を書いて死ぬか。
どちらを選んでも、「君の負けだよ」と、言うLとニア。

Lのビデオを見て笑い出す月。

「月くん、君がキラだろう?」と、質問する模木。

「そうだ・・俺がキラだ。俺を殺すか?お前らが法で裁けない悪を俺が裁いてやった。デスノートがあれば・・平和な世界が作れる。世の中はキラを求めてるんだよ。俺なら出来る・・犯罪のない世界を作れる」と、言う月。

「それはまやかしです」と、言うニア。
「これは俺にしか出来ないんだよ」と、言う月。
「ええ、私には出来ません、父親まで手にかけるなんて・・」
「これは俺に与えられた使命なんだ・・」
「あなたは哀れな人殺しです」と言うニア。

模木たちは全員、月と魅上に銃を向けている。

模木たちに、父を人質事件で救った。あの時が初めてだ・・と、話す月。

「それならなぜ、係長を?」と叫ぶ模木。
「父さんは自分で、ノートに名前を書いたんだ。俺の邪魔をするからだ」と、叫ぶ月。

魅上が暴れ、その隙にニアが持っていたノートを拾う月。
「お前ら全員、消えろーっっ」とノートに書く。
月を止めるため、撃つ松田。

「殺してやる。邪魔するやつは全員、殺してやる・・」
撃たれ、血を流す月。

「お前ら、本当にこのままで良いと思うのか?こんなこと・・俺にしか出来ない。新世界を作れるのは俺しかいない・・なんで・・なんでわからない・・」
叫び続ける月。

「神の・・神の邪魔をするな」
叫ぶ魅上はドラム缶を倒し、ライターで火を付ける。

炎に包まれた月を置いて、逃げる模木、魅上、ニアたち。

ライブ後、自分が何をすべきか・・思い出せない弥海砂
腕に巻いていたノートの切れ端を捨ててしまう。

負傷した魅上は状況が理解出来ない。
「記憶が消えた?ノートが燃えた・・」と、考えるニア。

倉庫
炎の中、「ノート、ノート・・」と、捜す月。

「どうしたんだよ、月。俺様に見せてくれるんじゃ無かったのか?死に神に取り憑かれた人間でも、幸せになれるとこを・・」と、笑うリューク

「まだだ・・まだやれる・・ここで諦めたら・・ノートがあれば・・キラは死なない。」
這いつくばり、燃えたノートに向かう月だが、撃たれて重傷の月は動けない。

「思いは・・俺も同じだ・・やってやる。俺が・・世界を・・変えてやる。リューク、取り引きだ。死神の目の取り引きだ」と、叫ぶ月。

月を見下ろすリューク、レム。

デスノートを持ったまま、燃える月。
「遅ぇよ、月・・」と言うリューク

倉庫は大爆発、見守る模木たち。

「見せてもらったぜ、月・・」と、つぶやくリューク

「あばーよ、救世主・・」
レムと共に飛び去るリューク

L のお墓に来るニアとワタリは、最後のビデオを見る。

「月くん、疑ってすみませんでした。月くんは・・・きっといい警察官になると思います。まあ・・このビデオが流れる可能性は・・ないと思います。」
Lは、夜神月がキラでない場合の映像も撮っていた。

「L って・・本当はどう思ってたんだろう・・・」と、言うニア。

ワタリと一緒に帰るニア。

-----完--------

デスノート 2016」映画決定なんですね!
出演はもちろん、藤原くんと松山ケンイチくん。
「禁断の映画続編!」です。

ラストに映画続編のお知らせでびっくり。
ドラマ版の余韻に浸る暇もなくて(^_^;)
窪田くんのラストより、驚きでした。

ドラマは燃えるノートの火が引火、焼死・・という結末でした。

炎に包まれた窪田くんの演技、迫力ありましたね。
まさか、撃たれてノートと一緒に燃えてしまう展開とは。

やはり、ニアと日村は計画的に行動、月を騙してました。
つまり、メロに乗っ取られたフリで、月を騙してたんですよね。

弥海砂はノートが燃えた事で、デスノートの記憶を失った。
魅上も同じですね。

死神に取り憑かれた人間のキラ、夜神月だから出来たって思います。
窪田正孝が作る新世界、見たかったですね。
最期の壮絶な顔、低い声も素敵でした♪

窪田くんも良かったけれど、ニアを演じた優希美青ちゃんも、演技が上手かったと思いますね。

映画の方が好きですけど、このドラマ版も大好きです。
世界120か国以上で、海外放送、配信も決定してるドラマ版です。

でも、何より驚いたのが、映画版の発表でした。
ノートは6冊、「コンソメ味」とあったけど何でしょ。

うーん、ツイッターでドラマは映画の宣伝なのか・・ってありました。
それもアリなのかしら。
楽しめたので私はOKです^^

また、窪田くんの作品をチェックしたいと思ってます。
秋ドラマも何か、レビュー書くのでこのブログに遊びに来てくださいね(*^^*) 

「デスノート」DVD BOX

「デスノート」DVD BOX

 
「デスノート」Blu-ray  BOX

「デスノート」Blu-ray BOX

 
ドラマ「デスノート」オリジナル・サウンドトラック

ドラマ「デスノート」オリジナル・サウンドトラック

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする