読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

デスノート 10話あらすじと感想

デスノート

視聴率は11.4%!「神になるためなら・・犠牲は仕方ない・・」と言う夜神月。 

キャスト

夜神月 (窪田正孝
L   (山崎賢人
ニア  (優希美青
弥海砂  (佐野ひなこ

夜神粧裕 (藤原令子
夜神総一郎松重豊
魅上照  (忍成修吾
ワタリ  (半海一晃

原作「Death Note大場つぐみ
漫画 小畑健   

10話 あらすじ 

総一郎(松重豊)が保管してるデスノートを外に持ち出し、奪う計画の月(窪田正孝)。
日村(関めぐみ)と取り引きのため、約束の場所へ総一郎と一緒に向かう。

「この誘拐を利用してデスノートを奪う・・」

日村との取り引き場所へ到着する月、総一郎。
10分後には模木(佐藤二朗)たちが、突入する作戦。

突然、キラ対策室にいるニア(優希美青)に異変が起きる。
「俺が乗っ取った!」と、叫ぶメロ。
ニアではない。メロ・・と、気が付くワタリだが・・手錠をかけられてしまう。

対策室から、取り引き場所が変更になった・・と、嘘をつくニア(メロ)。
何も知らず、ニアの指示に従う松田たち。

日村と対峙する月、総一郎。
粧裕藤原令子)を助ける為、「デスノートは俺が持っていく・・」と言う月。

「私たちの狙いは・・デスノート・・」と、言う日村。

10分後に松田たちが入ってくる計画だった。だが、メロに騙され、別の場所へ向かっていた。

月は日村にノートを渡して、総一郎が粧裕を救出する。

突然、メロが入ってくる。
「俺はメロ。ニアの中にいた人格だ。おとなしくデスノートは渡してもらう・・邪魔する奴は・・全部、殺す!」
怪しい人間は殺す・・と、叫ぶメロ。

日村とメロは仲間だった。
粧裕は助けるが、デスノートを奪われてしまう月。

対策室に戻り、粧裕からメロたち一味の名前を教えてもらう月。

「キラに逆らった奴がどうなるか・・思い知らせてやる・・」

弥海砂佐野ひなこ)、魅上(忍成修吾)に電話で、調査した人物の名前を告げる月。

突如、キラから総一郎に電話が来る。
「悪人にノートが奪われた・・。協力します。日村たちのアジトを教えます」
月に指示され、総一郎に嘘をつく魅上。

「メロとノートを押さえるチャンス!」と、総一郎に言う月。
「お前がキラと名乗る奴の言うことを信じるとはな・・」
月の考えが理解出来ない総一郎。

教えてもらったアジトを襲撃、メロを捕まえる模木。

メロの仲間、シュウとエイデンをノートで始末する魅上。

魅上に、「メロを消せ・・」と、命じる月。
「神の召すまま・・」と、月の命令に従う魅上。

検察に送られたメロを、魅上の死神の目で始末させる計画の月。
しかし、メロは脱走する。

月の考えに納得出来ない総一郎は、ワタリからL(山崎賢人)が残した3つ目のビデオを見せてもらう。
「夜神さんが考えてることはすべて・・真実です」
映像のLの言葉に驚く総一郎。

Lにとって、総一郎は父親のような存在だった。だから、死んで欲しくない・・と、言うL。

日村と会う月。
夜神月・・いや、キラ・・お前を殺す」
月に銃を向ける日村。
しかし、本名を知られてると判明、ノートを月に差し出す。

「キラには逆らえないんですよ・・」
ノートを受け取り、笑う月。
バイクで去る日村。

「新世界が・・もうすぐ俺の手に・・」
ノートを見つめ、笑う月は総一郎の声に驚く。

「お前がキラだったのか・・」と、現れる総一郎。
「違うよ・・」と、否定する月はノートを隠す。

「じゃあ、お前が手にしてるものは・・?すべての罪を認め、償え・・」
「違うよ。メロだ・・俺はハメられた。」
月の嘘を指摘、悲しむ総一郎。

「いつから平気でそんな嘘を・・お前の心はどこにある。自首しよう・・」
「もう、やめよう・・これはデスノートじゃないし・・父さん・・」

月から、ノートを奪う総一郎。
「これがデスノートでないのなら、ここに私の名前を書いても死なないだろう?」
お前の苦しみに気づくべきだった。L の死に責任を感じている、と言う総一郎。

「自首して欲しい・・」
月に頭を下げる総一郎は、ノートに自分の名前を書き込む。
「止めろよ・・父さん。」
「それが人の命の重みだ。わかるか月?」

「俺はやっぱり、犯罪者を許せない・。こんな俺でも、世の中のために出来ることがある。俺だって色んなものを犠牲にしてきた・・目指すところは一緒なんだよ。みんなの平和を守るためなんだよ。父さんと同じなんだよ・・」

「お前は間違っている。目を覚ませ・・月・・戻ってこい」と、言う総一郎。

「これが最期に父さんがしてやれる事だ」
ノートに名前を書いて、燃やそうとする総一郎。

止める月・・だが、総一郎は死んでしまう。

総一郎から、強引にデスノートを奪う月。

霊安室
模木たちに、「父は心臓麻痺で死にました・・」と、告げる月。

デスノートを奪った日村・・逃亡したメロ・・全部、あいつらの仕業です・・必ず、捕まえるよ。敵は取るからね。父さん・・」と、言う月。

「父さんのおかげで目が覚めたよ、神になるためなら・・犠牲はしょうがない。キラを追う者が誰であろうと・・消してやる・・」

メロの部屋に行く日村は爆弾のスイッチを入れる。
爆発する部屋。

「やっぱ、人間っておもしれえ・・いや、恐ろしい・・」と、言うリューク

総一郎の言葉を思いだし
「神になるためなら・・心も捨てる・・」と、つぶやく月。

続く・・

爆発しても、メロは生きてるでしょうね。
ここで死んだら、月の思うツボ・・。

なぜ、日村はメロと手を組んだのかしら。

L、総一郎も亡くなり、魅上も死んでしまいそうなキャラな気がします。
確か、映画ではワタリも殺されたはず。

ドラマ版では総一郎が自ら、自分の名前を書いたので驚きました。
リューク、レムがあまり登場しませんね。

総一郎と話す月と、つぶやくキラの夜神月
窪田くんの表情が、すごく違うので引き込まれます。
ちょっと、前髪が目に入りそうで気になるけど(^_^;)

月も死神の目を持てば、自由に犯罪者を始末出来そう。
でも、そこは配下の魅上、弥海砂たちにやらせるんですよね。

息子を信じられず、L のビデオメッセージで確信した総一郎でしょうね。
死を覚悟で月を説得したかった。
でも、間に合わなかったのでしょう。
月は総一郎から、心が離れてしまったのだと感じました。

次回で最終回です。 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする