読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ゴーン・ガール」感想

映画

すごく面白かったです!だからネタバレなし。原作はアメリカのスリラー小説。 

出演 ロザムンド・パイクベン・アフレック
2014年
監督 デヴィッド・フィンチャー 

 

簡単なあらすじ

幸せな結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。

結婚5周年の記念日に突然、妻のエイミーが失踪。
警察と世間は、ニックを妻殺害の犯人だと考え始める。

秘密を隠すため、嘘を突きとおすニックだが・・限界を感じて弁護士に依頼する。

最初、スリラーとは知らずに地味な映画だと思ってました。
その後、エイミーが失踪して周囲はニックを犯人扱いして・・。

犯人は?と、考えながら観るのも良い。

妻のエイミーが半端なく怖いのです。
賢く完璧な計画で、復讐してるのかと思ったら・・そうでもなさそう。

理想の結婚を夢見てるエイミーなので、自分に従わないニックは必要なかったのだと思います。
でも、やることが緻密で驚きですね。
「なぜ、そこまでするの?」と言いたい。

逃走に失敗するエイミーの逃げ場に言葉を失います。
人を利用して、いらなくなったら切り捨てる。

エイミーは周囲から、羨望の眼差しで見つめられたい人なのだと感じました。

有名になれば、仕事もうまくいく。
理想の夫婦を演じていれば、夫の愛に関係なく、幸せを感じるタイプなのだと思いますね。

相手を支配して、自分の理想の人生を生きるエイミー。
ニックは一生、逃げることは出来ないでしょう。
ああいう夫婦、本当にいると思います。

「完璧なエイミーと謙虚な夫」
これを目指した結果、あのラストになったのだと思います。

オススメ!観る価値あると思います。
ただ、見終わった後にスッキリ感はありません(^_^;)

好きレベル☆☆☆☆(5個満点)
大量出血シーンあり。  

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする