読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「マイレージ、マイライフ」あらすじと感想

ウォルター・カーンの同名小説を映画化、自由を愛するビジネスマンが出会いにより、成長するストーリー。 

2009年 アメリカ 

あらすじ
ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、「解雇宣告人」。
1年のうち、家にいるのは40日程度。300日以上を出張で飛び回るビジネスマン。

「バックパックに入りきらない物は背負わない」というモットーで生きている。

夢はマイレージを1000万マイルため、機長と会う事。

「あなたの職は不要になりました」と、契約解除を告げるのが仕事。

ある日、新入社員のナタリー(アナ・ケンドリック)が、ネットで解雇宣告を告げる企画を提案。
会社はこれを受け入れる前に、ライアンにナタリーの指導を命じる。

ネットで解雇が可能なら、ライアンたちが出張する必要はなくなる。

ナタリーと一緒に出張して、別の生き方があることに気が付くライアン。

出張中、同じように全米を飛行機で飛び回るアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会う。

お互い、時間のある時に会える「気楽な関係」と、思うライアン。
そんなライアンに「彼女にもチャンスを与えて、本当の関係に」と、アドバイスするナタリー。

妹の結婚式に、アレックスを連れて行くライアン。
当日、妹の婚約者ジムは式をドタキャン・・・慌てて、ジムを説得する。

結婚に迷うジムを見て、何かを感じるライアンはアレックスの家に向かう。

ついに1000万マイルを貯め、夢が叶うライアンだが・・。

ナタリーが辞職した事に驚くライアンは、理由を聞いて心配する。

新しい仕事を捜すナタリーは、ライアンの優しさを知る事に・・。

感想

あらすじを読んでも、気楽に楽しめる映画だと思います。
ラストの部分は伏せてます。

映像から伝わるナタリーの葛藤、ライアンの行動、アレックスの気持ち・・
人には大切にするものの優先順位がある・・と、感じます。

ライアンは自由に生きてるようで、ナタリーから教わったことで、別な生き方もあると知ったのです。

ナタリーもまた、解雇宣告など簡単な事・・と考えていたのですけど。
ライアンから学ぶ事は大きかったのです。

空港でライアンが、ナタリーに荷物整理をさせるシーン。
これはとても可笑しかったですね。

アクション、激しい恋愛、大きな悲しみもない。
まったり時間のある方、気分転換にオススメの1本です。  

好きレベル☆☆☆(5個満点)

マイレージ、マイライフ [DVD]

マイレージ、マイライフ [DVD]

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする