ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「ナオミとカナコ」6話あらすじ

直美と加奈子VS陽子・・女の戦いで最後に笑うのはどっち?逃げ切れるのでしょうか!視聴率は? 

斉藤順子の家
服部達郎(佐藤隆太)を知らない、と言う順子(富司純子)に戸惑う直美(広末涼子)。
達郎・同僚の山本から追及され、困惑する。

軽い認知症の順子は達郎の名前を忘れているの。

加奈子の口座に1千万の振り込みがあった、と直美に説明を求める支店長。

順子は銀行マンの達郎を覚えていない。しかし、お米を持って来てくれた達郎は覚えていた。
「お米の人・・」と、達郎を呼んでいた順子。

記憶が曖昧の順子は、不燃ゴミの日・・と、当日を思い出し、安堵する直美。

支店長たちから、順子の記憶が曖昧なのを質問される直美。

うまく誤魔化す事に成功ね。

達郎が順子の認知症を知った上で横領、と思わせた・・と、加奈子に話す直美。
支店長たちは横領と判断したのです。

加奈子のマンション
陽子(吉田羊)から、達郎・携帯の留守電を見せられ、緊張する加奈子(内田有紀)。

「俺、銀行に殺されるかも・・死ぬ気で頑張る」
昇進が決まり、仕事に燃える達郎のメッセージに驚く加奈子。
忙しくなるから殺される、と言った達郎。

「おかしいと思わない?昇進が決まった達郎は失踪なんてしない!」と、加奈子に言う陽子。

この陽子、刑事みたいな視線なの(^_^;)

直美と会う加奈子。
陽子は「昇進が決まった達郎は失踪などしない」と、言った事を話す。
「あの人、何か気づいてるのかもしれない」と、不安を口にする。

翌日
銀行のATMから、お金を引き出す防犯カメラの映像を見る加奈子。
「夫だと思います・・」と、答える。

ATMを操作してるのは、林竜輝(佐藤隆太・二役)。

達郎・実家
「達郎は横領なんてしていない!別人よ!」と、加奈子に怒る達郎・母。

陽子から、達郎が失踪した日、急いで京都から東京に戻った理由を聞かれる直美。

加奈子と達郎は夫婦として、うまくいってなかった。
「だから、あの日は親友として、相談に乗ったのでしょう?」と、推測する陽子。

達郎・実家
ATMの防犯カメラに映っていた写真を見る達郎・両親。
「これは・・達郎じゃない」と、驚く母。

銀行は達郎の横領を隠したい。
3ヶ月、戻らなければ懲戒解雇となる達郎・・と知る加奈子。

達郎・同僚に会いに行く陽子。
失踪の前日、昇進が決まってる達郎だったはず・・と質問する陽子。
だが、銀行員の失踪は珍しくない、と答える山本。

李朱美(高畑淳子)の事務所
「一緒に仕事をしましょう。うちに来なさい」と、朱美から誘われる直美。
加奈子からのメールで、銀行は達郎の横領と認めた・・と知る。

直美を見つめる朱美が怖い(^_^;)

加奈子の家
直美と2人で、お酒を飲んで安堵する加奈子。
「もう、自由なんだね・・」と、微笑む。

暢気に旅行の話なんてしてるわ。まだ、早いと思う。

指輪を外し、直美と一緒に富山(実家)へ行く加奈子。

直美が休暇・・と、驚く陽子。
加奈子は実家へ戻ってると判明、怪しいと考え始める。

達郎の同僚・山本に会う陽子は、携帯のメッセージを聞かせる。
「達郎は失踪なんてしていない!あなたも本当はそう思ってるのでは?」と、追及する。

銀行はライバルが多い。だから、強敵なライバルの達郎はいない方が山本には都合良い。
そこを追及する陽子ですね。

個人的な見解として、陽子に打ち明ける山本。
銀行員の犯罪としてはやり方が甘い・・と指摘する。
達郎の横領など、信じられないと。
山本と達郎は、同僚として仲が良かった様子。

温泉に入りながら、朱美の会社に入るの?と質問する加奈子。
その夜、達郎殺害を思いだし、眠れない2人。

順子の家に行き、達郎の事を聞く陽子。
達郎が順子に、半年の投資プランを勧めてた事を知り、
「失踪はあり得ない」と、山本に連絡する。

直美と実家に戻り、水を飲む加奈子は、水が美味しい事に喜びを感じる。

母・聡子と再会する直美、加奈子たち。

暴力をふるう父親と離婚しなかった理由を聞くと、
「怖かった・・でも、それは言い訳。本当はどんな方法を使っても、逃げるべきだった。勇気を持って踏み出せば・・」と、答える聡子。
子供たちに辛い思いをさせてしまった、と泣いて謝る聡子(直美・母)。

父親に殴られる母親を見ても、
「私は何も出来なかった・・ごめん・・」と、謝る直美。
「人生、やり直すわ・・楽しむ」と、言う聡子の言葉を聞いて涙ぐむ加奈子。

これで良かった・・と、思う直美と加奈子でしょうね。暴力に苦しんでいた母親の思いを知ったから。

加奈子に、百貨店を辞めて朱美の会社で働く決意を告げる直美。
「私、やっぱり美術の仕事がしたい。お互い、頑張ろう」と、告げる。

東京
帰宅すると、陽子が待っていた。

「横領の方法が場当たり的でずさん。順子さんにも会った。達郎は投資プランを進めていた。達郎は中国語も話せない」

管理人は加奈子と直美が2人で、あの日出て行ったのを見た、と指摘する陽子。
管理人は、達郎が出て行ったのは見てない。

「このマンションの防犯カメラの映像を確認すれば、真実がわかる」と、提案する陽子。

感想

やっと、銀行は達郎の横領・・と判断したのに。
陽子が引き下がらず、怯える加奈子と直美です。

確かに、銀行員の横領としてはやり方が甘い。そこを追及する陽子。

防犯カメラの映像の保管期間は3週間。
もう少しだけ、粘れば直美たちの勝利だと思います。
でも、執拗に迫る陽子でしょうね。

朱美の態度、表情が妙に怖くて笑ってしまいます(^_^;)
サングラス姿の高畑淳子、面白いわ。

直美も加奈子も、温泉に行くなんて勇気ありますね。
まだ、殺害の記憶が鮮明なはずなのに。

直美の母・聡子の思いを聞いて、「私たちは悪くない」と、実感したように見えました。

次回は、陽子が興信所を使って達郎の失踪を調べるようです。 

ナオミとカナコ

ナオミとカナコ

 

 

arasuji.hateblo.jp

 

arasuji.hateblo.jp

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

広告を非表示にする