読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「ナオミとカナコ」7話あらすじ

ナオミとカナコ

ネタバレです!DV夫の姉の追及から逃れるため、新たな嘘を考える直美がすごい。 

7話 

加奈子のマンション
「このマンションの防犯カメラの映像を確認すれば、真実がわかる」と、言いだす陽子(吉田羊)。

しかし、警察の依頼がなければ、防犯カメラの映像を見せる事は出来ない、と言う管理人だった。

安堵する加奈子(内田有紀)と直美(広末涼子)。

陽子に、
「達郎さんは戻って来ると思います」
銀行も今回の事件を公にしないから、と言う加奈子。
「あなたは達郎の横領を信じているの?」と、追及する陽子。

マンション・部屋
「私が働けば陽子さんが怪しむ」と、不安を口にする加奈子。
「やっと、自由の身になったのに・・それじゃ、意味がない。警察が動かなければ、私たちの計画が崩れることはない」と、言う直美。
納得して、
「手に入れた人生、絶対に手放さない」と、言う加奈子。

李朱美の事務所
不安を抱えながらも、「加奈子の新しい人生のために仕事は必要」と、言う直美。
朱美(高畑淳子)に加奈子を紹介する。

加奈子の手相を無言で見る朱美。
旦那とは別居中・・と、嘘をついている加奈子。

「オンナ、オトコヨリツヨイ。ウチデ、スグニハタライテクダサイ」と、直美の友人・加奈子を気に入る朱美。

百貨店をやめ、キュレーターの仕事をするため、就職活動をする、と朱美に言う直美。
朱美の会社では働かない、と断る。

「あなた、必ず・・私のもとに来る」と、笑う朱美。

直美と加奈子に、「2人とも私の妹になりなさい」と、言う朱美。
日本の家族になりなさい、と2人を気に入る。

興信所
探偵・三枝(前川泰之)に、達郎の事を相談する陽子。
「弟さんには女がいたのでは?」と、指摘する三枝。
ATMで現金を引き出した時、そばにいた女は怪しい、と助言する。

顧客・順子の家
順子(富司純子)の家で、食事する直美。
「夫は医師会の理事長選で遅くなり、一緒に食事をする事が少ない・・」と嘆く順子。

順子の夫は3年前、亡くなっていたと思い出す直美は、脳の検査を受ける事を勧める。

「お米の人が来た」と、言う順子に驚く直美。
山本が達郎の後任として来たのだった。

銀行の調査は終わったが、「私はこの調査に納得していない。お姉さんも同じです」と、言う山本。

陽子が調査に納得出来ず、興信所で調べていると驚く直美。

産婦人科から診察の電話があり、慌てる加奈子。
ご主人と来るはずだった・・と言われ、通う必要がなくなった、と電話を切る。
こんな事、言ったら危険だわ。

仕事が出来る加奈子に安堵する朱美。
「過去に縛られてはダメ。これから、あなたは自分の人生、生きるべき」
夫と早く別れ、自分で稼ぎなさい、と。

いずれ、上海支店を加奈子に任せたい、と言う朱美。
加奈子の友だちだから、アナタ強い!と喜ぶ。

加奈子の嘘、夫と別居中・・と、信じている朱美です。

朱美の言葉に勇気をもらい、喜ぶ加奈子。
「普通、手に入る」と、林竜輝(佐藤隆太・二役)を思い出す。

マンションに戻り、陽子が興信所の人と一緒に防犯カメラの映像を見た・・と、知る加奈子。
陽子は警察の立ち会いを連れて来ていた。

管理人の言葉に驚愕する加奈子。
達郎らしき人物は映っていない・・と、言われるがショックで座り込んでしまう。

達郎の死体を運んだ事を思い出す加奈子なの。

「加奈子が嘘をついていた・・」と、山本に相談する陽子。
ATMの防犯カメラの映像を見せてもらう事に。

「達郎に女が?」と、考える陽子は防犯カメラの写真でショックを受ける。

これ、映ってる女性は・・・

陽子の反撃に対応する方法を提案する直美。
加奈子が嘘をついた事を利用する。

達郎は家に帰らない日もあり、夫婦仲は冷え切っていた。
加奈子が昇進を知らないのは、夫婦の会話もないから。
達郎には愛人がいて、失踪しても積極的に捜さないのは女がいたから。

「加奈子は愛人のいる夫に捨てられた」
これを周囲に知られたくなかったから、嘘をついた・・と、打ち合わせする直美。

「お義姉さんは・・達郎に愛人がいたのは信じないかも知れない・・」と、不安になる加奈子。
「信じさせるしかない」と、言う直美だった。

母親の電話を受ける陽子。
「達郎から電話がかかって来たの。達郎は日本に戻ってきてるのよ」と、言う母に驚く。
だが、無言電話で誰なのかわからない。

朱美の店で仕事中、吐き気に驚く加奈子。

体調の悪い加奈子を早めに帰す朱美。
「あなた、熱あるね。風邪ですか?」

直美が上海出身・中国食品の朱美と親しい・・と知り、驚く陽子。

陽子が上海出身の朱美と親しい事を知り、慌てた事を知る直美。
朱美の事務所に急ぐ。

朱美に会い、直美の知り合いとして、林竜輝(達郎)の写真を見せる陽子。

「この人を知ってますか?」
「知ってます。彼は上海にいます。あなたも彼、追っかけてますか?小田さんも彼の事好きあるね」
三角関係・・と、言われ驚く陽子。

陽子は、達郎になりすました林竜輝(佐藤隆太・二役)の写真を見せたのです。
朱美は当然、林を知ってる、と答えたの。

陽子が朱美に林の写真を見せて、上海にいる・と、言った事を知る直美。
陽子には、「これ以上・・林さんの事は話さないでください」と頼む。

林を好きな直美、陽子・・と、勘違いしてる朱美でしょうね。
当然、朱美は直美の味方、林との恋?を応援しています。

陽子が朱美の事務所まで来た・・追い詰められた直美は、一部の事実を打ち明ける。
旦那の暴力で悩んでいるのは、加奈子であり、陽子とは繋がっている、と言う直美。
「加奈子をまもるため」と、頼む。
なぜ、林さんが?と驚く朱美。

朱美は加奈子がDV夫に苦しんでいる友人、と気が付いてました。

酔った達郎が帰宅した日、ピルを飲めなかったことを思い出す加奈子。

陽子が朱美に、林さんの写真を見せた・・と、加奈子に教える直美。
「じゃあ、お義姉さんは・・達郎さんが上海にいると信じて?」

直美に会いに来る陽子。
「あなただったのね・・騙されたわ。すべてあなたの計画ね。親友の夫と不倫してたら・・海外に逃げるしかないわね」

達郎がATMでお金を引き出した時、そばに映っていた女性は直美。
「達郎の愛人は直美だった」と、呆れる陽子。

達郎にお金を引き出させ、上海に行かせた直美・・と考える陽子。

「達郎は今、どこにいるの?日本に戻ってきたんでしょ?私、見たのよ。達郎を・・」と、言う陽子。

突然の言葉に返事が出来ない直美。
「私は・・何も知りません」と、答える。

池袋のチャイナタウンで、達郎を目撃していた陽子。

マンションに戻る加奈子は、林と再会する。

「あなたに・・会いたくて日本に来ました・・」と言う林。
スーツ姿の林に驚く加奈子はお腹を押さえる。

感想

朱美から、お守りをプレゼントされて喜ぶ直美と加奈子。
3人の笑顔が印象的でした。
幸せを運ぶ・・と、言う朱美。
加奈子と直美は逃げ切れるのかしら。

それにしても、陽子の顔が怖い(^_^;)

林が加奈子に会うため、日本に来るとは。
また、ややこしい展開になりそうですね。

陽子の意外な考えにびっくり。
まさか、達郎の愛人は直美!と、勘違いですね。
これを利用する2人でしょう。

陽子に追い詰められる加奈子と直美。
緊張感が続きますね。

フジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」オリジナルサウンドトラック

フジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」オリジナルサウンドトラック

 

 

arasuji.hateblo.jp

 

arasuji.hateblo.jp

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

広告を非表示にする