読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「ナオミとカナコ」9話あらすじ

ネタバレです。「行くよ、加奈子・・一緒に逃げるよ」直美は逞しい。 

9話 

ホテル
加奈子に裏切られた・・と、ショックを受ける直美(広末涼子)は部屋を出て行く。

ただならぬ気配の2人に驚く林竜輝。

途方に暮れる林竜輝(佐藤隆太・二役)に別れを告げ、ホテルを立ち去る加奈子(内田有紀)。

直美に電話しても、出てくれない。誤解を解きたい加奈子。

林を呼び出す直美は、「あなたに日本にいてもらっては困る」と、言う。
「お願いがあります。2人・・仲直りして下さい。」
加奈子の辛い顔は見たくない、と言う林。

産婦人科で妊娠を告げられる加奈子。

興信所
三枝(前川泰之)と直美の家で、違法に盗聴した音声を聞く陽子(吉田羊)。
「達郎がいない」と、言葉の意味を考える。
林竜輝は以前、李朱美(高畑淳子)の会社で働いていた、と話す。

順子の家
「人間、忘れるから生きていける」
順子の言葉を聞いて、加奈子を思う直美。
夫の浮気を思いだし、辛くなった順子だった。
忘れた方が楽・・と言う順子ね。

上海行きのチケットを購入、林に電話して
「明日、空港で待ち合わせましょう・・」と、告げる直美。

空港
林に会いに行く途中、陽子と三枝がいるのに気が付く直美。

空港の喫茶店で林竜輝を見つけ、驚く陽子。
「達郎!良かった・・」
陽子に驚き、慌てる林。
落ちてたパスポートで、林竜輝であり、達郎ではない、と気が付く陽子。

陽子は林を追いかけるが・・見失ってしまう。

「直美と加奈子は・・林竜輝を替え玉に使ってる。達郎が・・失踪したようにみせかけている。じゃあ、達郎はどこに?」
無言電話を受け、
「達郎なの?話したい」と言う陽子。

陽子にバレてしまい、林に、「また、連絡するからホテルに戻って」と、告げる直美。

マンションに戻り、「林さんと会った事がなぜ、陽子さんにバレてしまったのか・・」と、考える直美。
部屋にある盗聴器を発見する。

無言電話の相手を達郎と思い、公園で待ち続ける陽子は突然、襲われる。
三枝に助けられる陽子は、達郎はDV男・・と知る。

達郎の元同僚の女性は、交際中にDVを受けて通院していた。
達郎に人生を壊された・・と、復讐していた女性だった。
銀行が達郎の横領をもみ消した事を怒り、噂も広めていた。
直美たちとは全然、関係ない人だったんです。

「達郎が暴力を・・」
加奈子の顔にアザがあったのを思い出す陽子。

仕事中、朱美が百貨店にやってくる。
「白井さん(加奈子)いないと私、困る・・あなた、来ないと私、困る」
2人が仲直りしてくれないと困る・・と、怒る朱美。

「加奈子は私に嘘をついた・・もう、信じられない」
「がっかりです。あなた、私の妹、失格です!」と、言う朱美。

「じゃあ、信頼してる人から、裏切られたらどうしますか?」と、質問する直美。
「絶対、許さないのことよ。私、逃げ隠れしない。文句、直接言う。向こう、悪かったら謝るのことよ」

「それでも・・許せなかったら?」
「損か、得か考える。許せなくても得になるなら、私、つきあう。仲直りしないと・・あなた損するね」
林の事を陽子に知られた、と指摘する朱美。

マンション
陽子と三枝が、マンションの防犯カメラを見た・・と知る加奈子。
データは本社にあり、事件性が高いので見せる事になった。

達郎が帰宅した金曜の夜、加奈子と直美が大きなバッグを運び出している映像を見る陽子、三枝。
帰宅後、運び出した荷物は持っていない。

その後、達郎は防犯カメラに映っていない・・と、衝撃を受ける陽子。

直美の家に行き、陽子が防犯カメラの映像を見た事。
達郎を運び出した事もいずれ、バレてしまう・・と、教える加奈子。
「早く逃げて・・直美には絶対、捕まって欲しくない」

加奈子が妊娠してると知り、驚愕する直美。
「ピルを切らしてた日、強引に達郎さんの相手をさせられて・・」と、言う加奈子。

「私、生むよ。達郎さんはもういない。子供の前で暴力をふるう父親はいないの。この子は・・私の子・・」
子供を生んで育てる事が、加奈子の夢だった。

「捕まる訳にはいかないの・・ごめんね。このまま直美を、私の自分勝手に巻き込む訳にはいかないの・・。私がいると・・足手まといになる。直美・・ありがとう・・必ず、逃げ切って・・」
泣きながら、直美に言う加奈子。

退職願いを書いて決意する直美。

加奈子のマンション
話があるの・・と、待っていた陽子。

達郎からDVを受け、直美と殺した事。林竜輝を替え玉にしていた・・と、指摘する陽子。

「チャンスをあげる。自殺させてあげる」
今、死ねば夫が失踪した悲劇の妻で終わる。
裁判になれば、達郎のDVが明らかになり、両親がまた、苦しむ・・と、言う陽子。

「死んでちょうだい!」と、加奈子に迫る陽子。
「私は・・達郎さんを殺していません・・」と、シラを切る加奈子。

直美と一緒に達郎を殺したのでしょう、と激怒する陽子。

「ごめんなさい・・私には・・何のことだかわかりません・・」
陽子に言う加奈子。
加奈子の頬を叩き、「チャンスを棒に振るのね・・」と、怒る陽子。

翌日
荷物を詰め、家を出る覚悟の加奈子。
そこへ直美が来る。

「行くよ、加奈子・・一緒に逃げるよ。・・それに、逃げて子供生んで、どうやって1人で育てるの?私も一緒に育てる」と、言う直美。

「生まれた子供が大きくなって・・父親の事、聞かれたら・・嘘つくんでしょ。嘘つくんだったら・・その嘘がほんとになるくらいの覚悟をもって、つきとおさないとダメ」
直美の言葉に涙を流す加奈子。

「李社長が協力してくれるか、わからない。でも、それに賭けるしかない」と、言う直美。

マンションの外に出ると、刑事の鍋島(モロ師岡)が2人の前に現れる。

警察に通報していた陽子・・。

感想

「これは運命なんだよ」
直美の言葉がすごく頼もしいですね。

ついに刑事に捕まってしまう直美たちでしょうか。
まだ、証拠は出ていないはずなので、逃げ切れると予想。

きっと、朱美が2人に協力して助けてくれるでしょう。
当然、2人を上海に逃がす朱美だと思います。

林竜輝は、加奈子を悲しませたくないため、静かに帰ったと思います。
もしかすると、朱美の上海支店で3人で働く展開なのかなあ(^_^;)

殺人は良くないことだけど、これはドラマなので2人に逃げて欲しいですね。

緊張感がいっぱい、久しぶりに毎週、楽しみな作品です。
今後もこんなドラマを見たいですね。

朱美の言葉、「損か得か・・得になるなら付き合う」と、ハッキリ言うのが面白かったです。
中国人から見たら、日本人は細かい事で、クヨクヨしてるって思ってるんでしょうか(^_^;)

陽子の顔が益々、怖くなってますね。

ナオミとカナコ

ナオミとカナコ

 

 

arasuji.hateblo.jp

 

amethyst476.blog120.fc2.com

 

arasuji.hateblo.jp

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

広告を非表示にする