ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「私を離さないで」あらすじ

カズオ・イシグロの小説を映画にしたもの。
綾瀬はるか三浦春馬水川あさみ出演、TBSドラマのネタバレになると思います。 

わたしを離さないで (字幕版)

わたしを離さないで (字幕版)

 

臓器提供を目的としたクローン人間の切ないストーリー。
2010年のイギリス映画です。

SFというジャンル、美しい映像、静かに流れるストーリーに引き込まれました。
ただ、内容は信じられない世界で驚きでした。
原作小説は読んでいません。

映画を見て、ドラマと重ねて書いてみます。
たぶん、配役はキャシー(綾瀬はるか)、ルース(水川あさみ)、トミー(三浦春馬)の3人だと思います。

あらすじ

手術室の前、9年介護をしているキャシーは、手術台に寝かされているトミーを見つめる。

介護とは、臓器提供する人の世話役。
申請すれば、介護の仕事をする事が出来ます。
けれど、提供者であるのは変わらず、「その時」がくれば、仕事は終わります。

つまり、キャシーもいずれ、臓器提供するのです。

ヘールシャムという施設で育ったキャシー、トミー、ルース。
ドラマと同じで、保護管という教員たちに厳しくしつけられ育ちます。

施設の外には出る事は許されない。
出れば、自分たちで生きる事も不可能であり、死んでしまう・・と、噂になっている。
その噂を信じて、外には出ない子供たち。

トミーは時々、癇癪を起こし、他の子供たちから苛められてしまいます。
そんなトミーに優しいキャシー。

ある日、新人教師が施設に来て、キャシーたちに事実を教えてしまいます。

ドラマでは、校長の神川恵美子(麻生祐未)が説明してましたね。
「身体の一部」という言葉ではなくて、映画では「臓器提供をする」と、言ってました。

大人になり、「将来、○○になりたい」と、希望があっても、「あなたたちはなれない」と、告げるのです。
大人になれば、提供者として短い人生を終える・・と、言う教師。

「3度目か、4度目の提供で一生を終える」

映画でも、創作活動として絵を描いていたキャシーたち。
トミーは上手に絵を描くことが出来ず、提出していませんでした。

新人教師から、絵は描きたくなければ描かなくても良い、と言われるトミー。

子供たちに真実を教えた教師は、クビになってしまいます。

数年が流れ、成長したキャシーたちは別の施設に移動。
その他、施設には「回復センター」などもあります。

新しい施設では、他の施設で育った子たちと出会うキャシーたち。

トミーが好きなルースは、キャシーに奪われまいと、深い関係になります。

施設で出会った2人(クリシーとロッド)が、
「真剣な恋愛とわかれば、”提供猶予” を受けることが出来る」と、キャシーたちに言います。
「そんな話は聞いた事がない」と、答えるキャシー。
けれど、トミーは信じます。

ある日、自分のオリジナルがいた・・と、知るルース。
皆と一緒に、本物なのか・・と、確認に行きます。

オリジナル、と期待して見たルースですが・・。
自分の想像とは違い、失望してショックを受けてしまいます。
その時、「コピー」と言うルースでした。

映画の中でキャシーたちは「クローン」と言う言葉を使ってないと思います。

トミーとルースが恋人となり、孤立するキャシーは介護申請をして、「介護人」となります。

優秀な介護人となったキャシー。
仕事は提供した人が苦しまないよう、最後に注射をして焼却します。

提供は、3回か4回。
早い人は最初の提供で「終了(死)」する場合も。

4回目になると、介護人もいない場合が多いようで、「注射」も、してもらえない事もあるようでした。

衝撃だったのはルースが提供3回目で、「終了」した事です。
すでに2回目で、苦しそうにキャシーと再会したシーンも見るのが辛かったです。

辛い身体で、ルースはキャシーに「トミーとの仲を引き裂いた」と、謝罪します。
そして、提供猶予の申請する人・マダムの住所を調べた、と渡します。

提供猶予とは、愛しあう2人と分かれば、3年くらいは提供が伸びるという意味。
1年くらいは、2人で一緒に住む事も可能。
でも、そんな話はありません。

キャシーは、提供猶予を信じているとは思えなかったのですが、トミーは信じています。
提出していなかった絵を描き、マダムに認めてもらおうと、持って行きます。

マダムに会い、提供猶予の申請をしたい・・と、言うトミーとキャシー。
言葉を失うマダムの前に、エミリー校長が来ます。
「猶予」など最初からない、と2人に告げる校長。
絶望するトミーとキャシー。

絵に対するこだわりの理由。
トミーは「絵は魂を探るため」のものと信じてます。
けれど事実は、「絵は魂があるのか」を判断するためのものでした。

クローンに魂があるのか・・と、調査だったのでしょう。

絵を見て魂を探り、猶予申請にふさわしいか判断するため、と信じていたトミー。

その後・・

トミーは提供で終了、介護人として見届けるキャシー。

「彼の死から2週間後、私にも通知が来た。最初の提供は1ヶ月後・・」

「私は自分に問う。私たちと、私たちが救った人々に違いが?・・皆、”終了”する。生を理解することなく・・命は尽きるのだ」

感想

ドラマと同じ部分がありました。
映画と展開も近いと思います。

子供時代、施設では買い物の練習をしたり、キャシーに歌のテープ(ドラマではCD)をプレゼントしたトミー。

原作は知りませんが、不治の病気の治療が可能、平均寿命も伸びた時代のようです。

感情がなければ・・と、何度も思えるシーンがあり、見るのが困難な映画でした。
ドラマではそこまでの描写はないと予想です。

ルースの終了の時、医師が雑に扱うので驚きました。
クローンでも、人間の心があるのに・・と。
でも、1話の臓器を取り出すシーンも衝撃でしたね。

提供するだけの人生、と理解しても逃げ出す人はいませんでした。
きっと、子供の時からしつけられてるからでしょう。

確か、トミーは4回の提供で亡くなりました。

最後まで見ても、明るい希望のないストーリーでした。 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする