ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「るろうに剣心 伝説の最期編」あらすじ

原作から大好きな作品の実写映画!金曜ロードショーでノーカット放送です! 

原作 和月伸宏るろうに剣心
監督 大友啓史
脚本 藤井清美、大友啓史 

薫(武井咲)を助ける為、志々雄(藤原竜也)の船から海に飛び込む剣心(佐藤健)。

浜辺
師匠/比古清十郎(福山雅治)に助けられた剣心は、子供頃の夢を見ます。

遺体の墓を1人、掘り続ける心太(剣心)。

死体を埋める心太に、「今日からおまは剣心だ」と言う清十郎。
心太に「剣心」と名前を与え、剣客にするには優しすぎる、と。
親のいない剣心に剣術を教える。

志々雄と浜辺で会う伊藤博文(小澤征悦)。
自分を焼いた事も含め、政府が悪事を隠蔽してる事を1人指摘、伊藤博文と政府を揺さぶります。

「過去の人斬りは、新政府になっても許されない」と、剣心を捕まえ、公開処刑しろ、と脅す志々雄。

剣心を捕まるため、人相書きを街に張り出します。

助けられ、意識を戻す薫は左之助青木崇高)たちと、道場に帰る事に。
あの時、剣心が来てくれた・・と、思い出す薫。

翁(田中泯)の看病をする操(土屋太鳳)は、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)を許さない、と考える。

剣心の生死もわからない。
不安な操は意識を取り戻した翁から、剣心の居場所を聞きます。

師匠/清十郎といる剣心を迎えにいく操。

「志々雄を倒してくれ、と剣心に頼んでおきながら、脅されたのを理由に剣心を殺すのか」と、斎藤博文に激怒する斎藤一江口洋介)。

清十郎に今までの事を話して、
「志々雄を倒すため、奥義を教えてください」と、頭を下げる剣心。
このままでは志々雄を倒す事は出来ない、と考えていた。

けれど、清十郎は「お前に欠けているものがある」と言う。
「それがわからなければ、教える事もできない。人斬り抜刀歳はここで死ぬ事になるだろう」と、言う清十郎。

「自分に足りないものは生きる意思、意欲だ」と悟る剣心。

奥義を取得した剣心は操と共に帰ります。

屋敷に戻ると翁がいない。
秘密の通路を通る剣心のため、待っていた翁。
蒼紫が来る事を予想、待機していたが傷が深く、戦う事もできない。

剣心が来たのを見て、「お前が剣心か・・」と、戦いを望む蒼紫。
無用な争いは避けたい剣心ですが、操を攻撃する蒼紫に怒り、戦います。

ここのバトルがすごいです。壁を走る剣心! 

「蒼紫を殺してくれ・・操のため・・蒼紫自身の為・・終わらせてやってくれ」と、言う翁。

「蒼紫・・お主がどれだけの思いを背負ってきたのかわからない」
だが、目の前にある大切なものもわからないお主に俺は倒せない、と告げる剣心。
戦いを見届け、息を引き取る翁。

剣心は先を急ぎ、操と別れます。

道場に着く剣心は捕まります。
指名手配され、逃げ場のない剣心。
人斬り時代の罪で、公開処刑されるはめに・・。

斎藤博文と話す剣心は、「志々雄がそばにくれば勝ち目はある」と言う。
命を無駄にする気は無い剣心は、計画的にわざと捕まったのです。

処刑の日、薫と弥彦が駆けつけますが・・。
浜辺で剣心の首を斬る瞬間、縄を切る斎藤一
茶番は終わり・・。

志々雄の舟に乗り込み、戦う剣心たち、左之助も参加。 

剣心と再会する宗次郎は、剣心が強くなってるので驚く。
「あれ・・おかしいな。所詮、この世は強ければ生き、弱ければ死ぬ・・それだけだ」と、言う宗次郎。
最初の戦いで勝てた宗次郎だったけれど、奥義を取得した剣心には勝てない。 

蒼紫も駆けつけ、皆で志々雄を倒すため、戦います。
けれど・・志々雄は火傷の後遺症で、長く戦うことが出来ない。 

戦いで傷つき、倒れた志々雄の前に来る駒形由美(高橋メアリージュン)。
「これ以上、志々雄さんを苦しめないで・・」と、剣心に懇願する。

剣心の動きが止まり、由美の背中から剣心に向け、刀を突き刺す志々雄。
愛する人を・・!と、怒る剣心。

「先に地獄で待ってろ・・」と、由美に告げる志々雄。

奥義で志々雄を攻撃する剣心。
「久しぶりに楽しい戦いだったぜ・・」と、由美を抱き上げる志々雄。

「地獄で会おうぜ・・」と、笑いながら燃える。

志々雄は自らの熱で発火、燃えつきてしまいます。 

志々雄が死んだ事を確認、
「抜刀斎は死んだ。幕末の亡霊と共に・・」と、剣心に言う伊藤博文
侍たちに敬礼!と、部下に命じる。

戦いは終わり、道場に戻る剣心と操たち。

道場
「・・こうやって生きていくでござるよ」
「生きて・・新しい時代を・・」と、言う薫。

「薫殿・・共に見守ってはくださらぬか」

微笑む剣心・・。

感想

私は原作を始め、アニメも映画も1度見ただけです。
だから、間違いや記憶違いもあると思います。
大体の雰囲気が伝われば、と思い書きました。

アクションが凄かったですね。迫力もあり、楽しめた映画です。

ただ、剣心と師匠である比古清十郎(福山雅治)とのシーンが長かった気がします。
早くバトルを見たい!と、気持ちもあったせいでしょうね(^_^;)

あのシーンを短くして、他のキャラとのシーンを詳細に描いて欲しかった。福山さん、大好きなんですけど。
なぜ、あんなに清十郎は長く出演していたのか^^;
まあ、大人の事情なんでしょうね。

原作でも、志々雄が燃えてしまうのは知ってましたけど、笑いながら燃える藤原竜也クンが迫力ありました。
キャラ的に合ってたと思います。 

人の身体は汗をかくことで、体温を下げる。けれど、火傷の後遺症がある志々雄は汗をかけない。
医師によると、15分しか戦えない。
「15分で十分だ」と、言った志々雄でした。  

ラストの志々雄はなんだか、可哀相だと思います。
皆で、志々雄に襲いかかって・・健康な身体なら、もの凄く強いはず。
まあ、悪役なので仕方ないんですけどね(^_^;) 

正直、四乃森蒼紫が剣心と闘う為に探す・・と言うのが納得出来なくて。
まあ、映画なので時間も限られている。
あの設定が良かったのでしょうけど。

四乃森蒼紫と翁のバトルが凄いと思ったので、もうちょっと、翁のアクションシーンも見たかった。

斎藤一は長身で、細いイメージだったので、これも違う雰囲気でしたけど。
まあ、江口さんもステキでした。

剣心は文句ないですね(*^^*)
動きが俊敏で本当に格好いい!笑う顔、刀を手にして敵を睨む顔。
どれも剣心になりきってる感じで、とても似合ってて好きです。

薫はともかく、高荷恵を演じた蒼井優も衣装のせいか、雰囲気が出てると感じます。

相楽左之助を演じた青木崇高もドジなシーン、敵を投げ飛ばすシーンと、原作のイメージと近いと思いました。

瀬田宗次郎を演じた神木隆之介クンも、役になりきってて良かったですね。

ドラマ版「デスノート」の窪田正孝クンが出演してたのですが、記憶にありません^^;

最後まで読んで下さった方、ありがとうこざいました。 

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^

広告を非表示にする