読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

「わたしを離さないで」 最終回ネタバレあらすじ

私を離さないで

提供3回目のトモは・・恭子の選択は?

TBS系 金曜ドラマ「わたしを離さないで」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 金曜ドラマ「わたしを離さないで」オリジナル・サウンドトラック

 

最終話(10話)

恵美子(麻生祐未)から、「猶予はない」と言われ、ショックを受けるトモ(三浦春馬)。

自暴自棄になるトモは、恭子(綾瀬はるか)を避けるようになる。
トモの思いを知っている恭子は、何とか励まそうするが・・

トモの3度目の提供通知が来て、葛藤する恭子。

多くの提供者は3度目で終わる事が多い。
時には終わらない提供者もいるが、トイレも自分で行くことが出来ない場合も・・。

迷惑をかけたくない、恥ずかしい姿を見せたくない・・と、思いで恭子に介護人の変更を申し出るトモ。

そんなトモの思いを知り、介護人をやめたくない、と説得する恭子だった。

ある日、再会した龍子(伊藤歩)に誘われ、サッカーを見に行く恭子とトモ。

サッカーをする子供の父親は、広樹の提供を受けていた、と教える龍子。
生まれて来た子供の名前を、「広樹」と付けたと。

提供を受けた人は、すべてではないかもしれないが、感謝している、とトモと恭子に教える。
龍子はトモたちを知り、提供を受けた人のインタビューをしていたのだった。

「生まれてきてくれて・・ありがとうございます。」
トモに頭を下げる龍子。

恭子の手を握りしめ、生きていることを実感するトモ。

恭子に言うトモ。
ひとつ、夢が叶っていた、と言いだす。
「俺、ずっと恭子にもう1回、会いたいって思ってた」
コテージで別れ、会いたいと願っていた、と嬉しそうに話すトモ。

「恭子・・俺、生まれてきて良かったよ・・」
恭子を抱きしめるトモ。

「もう・・離さないで・・私を・・離さないでよ・・」
泣いてトモの腕をつかむ恭子。

翌朝
トモが3度目の提供を受ける日。

「もし、今日・・3度目で終わらなかったら・・私、終わりにしてあげてもいいよ」と、言う恭子。
「ほんとに?」と、驚くトモ。
「そのくらいなら出来る・・」
「じゃあ・・出来るだけ・・ちゃんと終わるよ。そんな事したくないでしょ」
「平気よ。慣れてるから・・」と、答える恭子。

トモの3度目の提供が始まる。
見守る恭子・・。

翌年の春が来ても、恭子には提供通知が来なかった。

「私は・・1人になった・・」

海岸
恵美子と再会する恭子は、宝物入りのバスケットを持っていた。
恭子が、宝物を大切にしているのを見て、安堵する恵美子。

「誰にも奪えないものを持っていてほしかった。あなたたちの身体は・・奪われてしまうけれど・・想い出は奪えない」
宝物を大事にしている恭子に感激、感謝を告げる恵美子。

「それは・・あなたたちを支える、よすがになってくれるのではないかと・・」
ありがとうございます、と言う恵美子。

「でも、みんないなくなってしまって・・みんなの忘れ物を預かってるみたいです。誰も取りに来ないのに・・」と、答える恭子。

介護人の世話になっていた恵美子。
「もう、提供すらできないポンコツです・・ほんとに何のために生まれて来たのかって・・待ってます・・」
恭子を家に誘う恵美子。

「もしかして・・みんな同じようなものなのかもしれない。なんのために生まれて来たかなんてわからず。命は生まれ、それが知らされているか、いないかの違い」
考える恭子。

「トモ・・私もそろそろ・・そっちに行って、いいかな・・もういいよね?」
バスケットを浜辺において、海に向かって歩き出す恭子。

しかし、流したはずのトモのサッカーボールを見て涙を流す恭子。
ボールを抱き、入水自殺をやめる。

「私たちは・・空の宝箱を抱えて生まれて来て・・そこに日々を積み込みながら、歩いていくのだ。終わりまで・・明日を・・」

感想

トモは3度目の提供で終わり、絶望的になった恭子は自殺しようとしました。
でも、川に流したトモのサッカーボールが足元に流れて来たのです。
それで、トモに自殺を止められた・・と、感じたのでしょう。

恵美子も年を取り、介護人がいないと生活出来ない状態。
1人になった恭子を家に誘ったのです。

ラストは、サッカーボールを抱いて浜辺を歩く恭子でした。

映画版より、救いのあるラストだと思います。
映画では、提供通知が来て「どうしようもない」状態で終わったから。

生きる事を真剣に考えさせられたドラマでした。

クローンの恵美子にも、提供の話があったのはびっくり。
学者の娘だから、特別なのかしら。

恵美子の話で、高齢の人は提供を希望しない人も多いととありました。
なんだかモヤモヤが残るストーリーでしたね。

「よすが」
身や心を寄せて頼りとするところ。身より、手がかり。

内容を知ってたので、余り驚きはありませんでした。
興味ある方は映画版を見るのをお勧めします。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。