ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

映画「エレナは知っている」ネタバレあらすじと感想

母親の世話に追い込まれた娘が自殺。残された母の苦しくも切ない物語。

ネットフリックスで鑑賞です。

2023年制作・アルゼンチン・100分

監督 アナイ・ベルネリ

脚本 アナイ・ベルネリ、ガブリエル・ララルデ

原題 Elena sabe

ジャンル ドラマ

配信 Netflix

ネタバレ度40%(後半ネタバレ度90%)

あらすじ

65歳のエレナはパーキンソン病で娘/リタに世話をしてもらって生活していた。

偏屈な母に涙を流すリタはある日、教会で自殺してしまう。

もっと知りたい方

90%のネタバレ感想

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

エレナは末期のパーキンソンと書いてありましたけど、自分で何とか歩けます。

美容院で髪を染めたエレナはリタが迎えに来るのを待っていたのですが・・彼女は自殺してしまいます。

それを信じられず、警察に他殺だと文句を言うエレナです。

警察や友人、職場でも娘のことを聞いてまわり・・彼女の真実を探る母の思いが切なかったです。

途中、回想シーンもあり、昔から頑固な母親にウンザリしていた娘の苦悩もわかります。

(この回想ではエレナ役よりも、リタ役の方が老けた印象の女優で戸惑いました)

arasuji.hateblo.jp

リタが何をしても反対するし、恋人のことも皮肉を言う母親には私でも嫌になってしまいそう。

何故、娘の真面目な恋人/パブロを悪く言うのか・・否定するのかなあ。

親なら子供の幸せを願うと思うのですけれど。

リタの死後、パブロはエレナを心配して世話をしに来てくれます。それを嫌がるエレナ。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

リタが母親に拒絶されても、エレナの世話をしているのがすごいと思いました。

娘の自殺を受け入れることが出来ないのはきっと、どんな親でも同じだと思います。

エレナは体が自由に動かなくても生きたい、と強い意思がある女性。

arasuji.hateblo.jp

リタの亡き後、恋人/パブロから話を聞いて驚くエレナ。

結婚するつもりの2人でしたが、リタから別れを告げられていたのです。

エレナ家の近くに部屋を準備しようともリタはこれを拒否。

理由は母親の存在です。恋人との結婚を反対されたリタには辛い選択だったと思います。

誠実な銀行員パブロで反対する理由も特にないのに。

しかもエレナは「リタは私を施設に追いやり、この家を奪おうとしてた」と言い出します。

リタの苦悩も知らず、見てて苛立ちましたね。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

そして周囲の人たちの話を聞いて驚くエレナ。

医師からリタはうつ病で薬を飲んでいたことを知ります。

この母親の世話をする娘なら、うつ病になっても不思議じゃないですね。当然、追い込まれて責任を感じ、疲れ果てたのだと思いました。

リタはエレナのパーキンソンは重い、と告げられています。症状も次第に悪化しています。

医師が限界を感じているリタに言った言葉が印象的でした。

 

「エレナはあなたを求めてる。子供時代のあなたと同様に・・自分の母親の母親になるんだ。これまでのエレナは消えていく。だんだん赤ん坊に戻って行く」

 

この言葉の意味を理解出来ない様子のリタでした。

パーキンソン病は人にもよるでしょうけれど、認知症にもなります。

薬を飲んでも体が動けなくなる本当に怖い病気です。

(叔母がこの病気で認知症、寝たきりで施設にいます)

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

エレナは医師から、リタのうつ病の話を聞いても信じられません。

「あの子は仕事に行ってた。雄牛のように強い」って。

体が丈夫でも・・人間は精神が崩れる時があるんですよね。

エレナは毒親というわけでもなくて、ただ偏屈!って感じの女性です。素直に世話を受け入れないエレナ相手は相当、疲れると思います。

そして最後にはリタ友人の家に行き、自分のせいで娘は自殺した、と考えるエレナで終わります。

すごくモヤモヤが残る映画でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^

映画「6年愛」ネタバレあらすじと感想

愛し合う若い2人は交際歴6年、遠距離になっても大丈夫?真実の愛を探る物語。

ネットフリックスで鑑賞です。

2015年制作・アメリカ・79分

監督 ハンナ・フィデル

脚本 ハンナ・フィデル

原題 6 Years

ネタバレ度40%(後半ネタバレ度90%)

あらすじ

ダン(ベン・ローゼンフィールド)とメル(タイッサ・ファーミガ)は交際6年のラブラブカップル。

周囲に冷やかされても気にせず、2人の世界を楽しんでいたがある日、パーティでダンはアマンダとキスをしてしまう。

ダンが他の女性とキスした事を知り激怒するメル。

もっと知りたい方

90%のネタバレ感想

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

若い2人が交際6年とは長いと感じました。

幸せな2人だけど1人の瞬間、ダンがアマンダにキスをしてしまいます。それがバレてしまい・・激怒するメル。

しかも、彼女からキスされた・・と嘘をつくダン。

当然の流れですがここで2人は大ゲンカ。

なんとか仲直りできそう・・と思っていたら、ダンの就職が決まります。

1年間、遠距離恋愛となるニューヨーク。ダンは離れていても2人の関係には問題ないと説明。

けれど、地元で交際していたいメルは大反対。またも2人は大ゲンカとなります。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

そんなある日、パーティでメルは泥酔・・他の男性に襲われそうになり、ダンに連絡。

駆けつけたダンは不用心なメルに怒り・・またも喧嘩別れ。

苛立ったダンは以前、キスしたアマンダを部屋に呼んで関係を持ちます。

翌朝、謝罪に来たメルは2人に驚き、部屋を飛び出します。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

喧嘩が続く2人ですがラストはお互い謝罪しあい・・という流れに。

仲直り出来そう?と思ったら!

ダンは泣いてアマンダと関係した事を謝罪。メルも泣いて彼に告げます。

「ニューヨークに行っていいのよ」

「ごめんよ。君を愛してる。別れたくないんだ。ニューヨークには行かない」

「あなたを愛してる・・残りの人生を私と過ごしたいと言って・・」

泣いて謝るダンは何も言わず・・。

その意味を悟り、部屋を去るメルでした。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

結局、6年は長すぎたと感じた作品でした。

結婚するつもりのメルだったけど、ダンの浮気心を早めに知って良かったですね。

ダンも若いからまだ、結婚とか考えたくなかった・・という結論だと感じました。

メルもダンを束縛してる感じだったし、1年の遠距離なんて問題ないでしょ、愛が本物なら。

若いからの過ち、というか部屋に女性を呼ぶなんて考えればわかる事だし。

まだダンは遊びたい、っていうのをすれ違いから学んだメルだと思います。

arasuji.hateblo.jp

arasuji.hateblo.jp

結婚するなら勢いで早く、そうでない場合はこんな風に別れるかもね。

意外に面白いと感じました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^