ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「バンビ〜ノ!」2話あらすじ

厨房では、今日も戦争の前の静かな戦いが始まっていた。

伴(松本潤)は仲間とにんにくのみじん切りの早さと勝負するも香取(佐藤隆太)から

「お前、アホか?」とスピードを競うわけじゃないと怒鳴られる。

 

 

「お前は俺のアシスタント!俺に認められなきゃ上に上がれない」と、言われ悔しいが耐えて従う。(悔しくも頑張る伴が健気)オーナーシェフ市村正親)はそんな伴を見守る。

 

ランチタイムとともに厨房にも戦争が始まり、伴は香取の思うように手伝えない。(用意する皿も違うし準備も遅い)

 

「厨房はレストランのエンジンだ!誰かひとりがとまればみんな止まる!」と副料理長の桑原(佐々木蔵之介)から言われる伴。

野菜の準備も終えていない伴は、香取の作るパスタの皿すら出せなかった。

あきらかに伴の動きは厨房を乱していた。

香取の言葉が理解出来ずに蹴られてしまう伴...

「お前、いねえ方がいい!」

 

伴の恋人恵理(吹石一恵)は就職したものの、伴からの連絡が来ない事を心配する。

前菜担当のあすか(香里奈)のまかないパスタを作る横顔に吸い寄せられる伴は冷たくされる。

「自分は使えない」と理解してる伴は給仕長(北村一樹)に泣き言をいう。

まかないを皆に出すあすかのパスタは認められる。

(伴の「うまか..」の言葉が切な気でもあり柔らかい表情)

 

自分の何がいけないのか?わからない伴。あすかに

「アンタの事ムカついてる!」と言われる。

前菜担当のあすかはパスタのポジションを狙っている。彼女に愚痴をこぼし、アドバイスをもらう伴。

(メニューを学び、先輩香取の手伝いを思いつく)

 

伴は香取の作る料理の皿を用意よく出し、材料も手際良く出す。香取にエビの用意を言われ、素早く出すも怒られる。

(あそこでガッツの笑顔はダメでしょ)

突然のメニュー変更に戸惑う伴を叱る香取...必死にカニを捌く。

(悔しそうであり、真剣な表情がリアル)

 

指を切る伴...「病院へ行け!」と言われるも

「嫌だ!まだ、やれます」と悔しそう、痛みをこらえて

「お願いします、絶対追いついてみせます。まだ働ける」にあすかに頬を叩かれる。

「厨房は戦場のように忙しいが、ここは人間の働く場!」と言われ、皆に見守られ病院に行く伴。

 

病院で恋人恵理からの沢山のメールに涙を流す。

(負けないつもりでも恵理の優しさについ..涙する伴にうるうる)

恵理と電話で話、強気を見せる。恵理もそんな伴を理解している。

 

病院で指を縫われる伴は、厨房の仲間がよく病院に来てることを知る。

「自分はまだそこまで必要とされていない...」という彼は寂し気に歩く。シェフは

「戻ってくるか?」と美幸(内田有紀)と話す。

「自分が必要とされていないのを知って戻るのも大事であり、逃げないことが大切」シェフは彼が戻ってくるのを期待して待つ...。

 

恋人、恵理は

「何故、辛い東京に修行に行かせたの?」とシェフに聞き、

「悔しさ、負けたくない気持ちから逃げることは簡単、男は初めから男じゃない」自分の力で男になるという。

負けたままでは悔しいと「絶対、認めさせる!」と伴は決意し、店に戻る。

 

厨房に戻り皆に謝る彼、手にビニールを被せ皿洗いをする。

「指切ったくらいで大げさだ!」と呟く香取に...給仕長は..。

(たぶん、ここで伴を認め始めた事に気がついた様子の給仕長だと思う)

賭けは給仕長の一人勝ちだった。(伴は店に残るから)

シェフに言われ店の寮のような部屋に案内される。(仲間の雅司の部屋)

雅司から「週末はあの倍以上忙しい」と知り驚く伴...。

 

感想

必死に「負けない!まだ頑張れる!」その気持ちいっぱいの伴に感動の2話でした。カニを捌くシーンでは「あー!やっぱりやった!」っと指を切ってしまう...

恋人恵理に意地を張り、泣き言をいわないけれど、彼女はちゃんと理解してる。

いつもシェフは優しく彼を見守る。厨房の仲間も次第に彼の頑張りを認めてくれそう。

「ここで帰るわけにはいかない!」って態度がいいよ〜バンビ〜ノ!

目が離せない展開のドラマです。