ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

『HERO』あらすじ

この映画、連続ドラマで有名な「HERO」の劇場版です。木村拓哉松たか子ってフジ月9の「ラブジェネレーション」以来の共演だったんですね。かなり印象に残るドラマ、音楽であり最近まで放送してたかのような感覚も。再放送のせいかな。

あの音楽はほんと耳に残りますね。この頃の月9はおもしろかった^^;

 

2007年

監督  鈴木雅之

製作  亀山千広

出演  木村拓哉松たか子、、阿部寛、大塚寧々、勝村政信角野卓造児玉清小日向文世八嶋智人中井貴一松本幸四郎森田一義

 

 

東京地検・城西支部の型破りの検事・久利生公平は、同僚の芝山が起訴したある事件の裁判を担当する。

容疑者・梅林が犯行を認めている簡単な事件だったが、初公判で一転、無罪を主張。

久利生の前に、刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣(松本幸四郎)が立ちはだかる。

 

新聞にも大きく扱われなかった事件を、豪腕弁護士が担当することに戸惑う久利生に対し、蒲生は久利生を追い込む。

一方、東京地検特捜部の黛検事が近づき、この事件の判決が、大物代議士・花岡練三郎(森田一義)の贈収賄事件の鍵を握っているという。

騒然となる城西支部

 

久利生にしても花岡と、過去の因縁のある相手であったが、雨宮と奔走。

城西支部の面々も捜査に協力し、漸く得た情報をもとに二人は韓国・釜山へ向う。

東京地検は韓国の検事カン・ミンウ(イ・ビョンホン)に捜査協力を要請する・・。

 

感想

このドラマ、ちょっと調べたら〜驚いたことにものすごい視聴率!視聴率が全話30%超えてるようです。びっくり!

フジテレビ連続ドラマ平均視聴率第1位、最高視聴率第2位とか・・

久利生と雨宮の関係が、「ラブジェネ」以来で気になってたのかも?やっぱり、主役の型破りな検事がおもしろいと思います。

いつもラフな格好だったし。ダウンパーカー着てる検察官(検事)なんか、ほんとにいるんでしょうか(^_^;

 

芝山を演じる阿部寛もいい味だしてるし、遠藤を演じる八嶋智人にはいつも大爆笑だし。この作品、ドラマでも映画でも濃いキャラのメンバーと、豪華なキャストも魅力ですね。

末次と中村のダンスシーンは笑えた。

 

相変わらずのキャラたち、エレベーターの中とかもおもしろい。

城西支部の仲間たち、すごく仲も良く、本当にあんな感じで仕事出来るのかな〜?とも。みんなで協力して探す携帯画像もびっくり。

 

本当にあんな人数の携帯をチェックするのってするのかな?とか。

ちゃんと、すべての事が最初の梅林の事件にリンクしてて。奥が深く、味わいのある内容でした(^^ゞ

 

こういう検事、弁護士〜など、自分と関わりのないモノを見ると、本当にそうなんだ?って想いながら楽しみ、想像して見ます。

実際、この映画でも車1台のために韓国まで本当に行くのだろうか?とか。

あのスクラップの山を見たときは驚きでした。

 

でも、車は韓国へ・・韓国ロケの車が屋台の中を走るシーンは、予告などで見ていたので期待してたけど・・

残念!せっかく韓国の俳優・イ・ビョンホンさんまで出たのに短いゲスト出演の感じでした。ファンの方、残念でしょう、あれだけ短いと。

もっと、久利生と絡むのかと思ってました。

 

優秀な弁護士・蒲生がなぜ、あの梅林の弁護を引き受けたのか。花岡が裏で絡んでると知ってるのに。

私の中では、歯医者のビルの駐車場にバンが3台止まってるとき、久利生が「ん?」と、いうころからあの駐車場に

「あの夜、梅林はここにいなかったから、彼の車は止まっていないはず」と、気がつきました。

まぁ、誰でもわかるシーンですね^^;

 

久利生が韓国で食べたいと言い続けてたチョグッチャン?とかいう料理、どんなモノか気になりました。

中井貴一も「静」の演技で光ってました。

 

結構好きな役者さんです。映画「どろろ」では「動」の演技でした。

最初に通販番組を見てて〜品物が届く!これがラストに繋がるとは思いませんでした。あれで放り出すものかと。

 

小さな事件でも真実を追究する久利生の姿勢は好きですね〜。

タモリさん、真面目に?花岡役を演じててちょっと老けた印象もあり。普段の番組では笑顔が多いですしね。

ラストのシーン、意外でビックリ^^♪

 

松本幸四郎さん、松たか子さんの親子共演でした。

ドラマ同様、外れもなくおもしろいのでオススメです。