ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「レミーのおいしいレストラン」あらすじ

ディズニーの映画は大好きなので期待してみました。期待を裏切らない内容、映像で大満足!オススメの1本ですね。大人でも楽しめる作品だと想います。1回しか見てないのでもう一度みたいくらい。

ただ、レミーというネズミが主役であり、仲間のネズミたちもた〜くさん、登場するのでネズミが苦手な人はやめた方がいいでしょう^^;

 

2007年/ アメリ

監督: ブラッド・バード ブラッド・バード

製作: ブラッド・ルイス

 

 

ネズミの世界では「人間は敵!」と、群れのボスである父をもつ息子・ネズミのレミー。彼は他の仲間と違い、特別な嗅覚、味覚を持ち、他のネズミが腐ったものを食べてるのを怒る。

「食べ物は美味しい、新鮮なモノを!」と、いうレミーだったのである。

 

新鮮な食べ物が欲しい!けれど、それは人間が住む世界に、近づかなければならない・・父の教えである「人間は敵!離れてくらすべき!」を破り、人間の家に近づき、料理番組を見てるうちに・・

 

今は亡き、天才有名な一流レストランのシェフ・グストーを見て「料理は誰でも作れる」という言葉を聞き、自分でも料理を学びたい!と、思うレミーなのでした。

 

ある日、群れで暮らすレミーは仲間とはぐれてしまい・・違う世界に入ってしまう。

そこはなんと!パリ!

パリのレストランに働くさえない男・リングイニと出会う。

 

リングイニは、有名なレストランの下働きであり、料理は何も出来ない。

ある日、いやみな上司・スキナーに「料理を作れ!」と、命令され・・料理ができないリングイニはとんでもないアイディアを思いつく。

 

かなりリアルで映像は抜群にキレイ!最高、大胆なピクサーの作品ですね(^^ゞ

アニメだけど、子供だけでなく大人も楽しめるストーリーになっています。

とにかく映像は素晴らしく、水に流されるレミーのシーンがあるのですが、これまた本物では?と、思うくらいにリアルで美しい映像。

 

アイス・エイジ」の時も思ったけど、動物の毛の流れ、1本1本もリアルであり触れるような感覚が見事です!

料理を作るまえ、レミーは手を洗うのもおもしろい。

 

リングイニとコレットという女性シェフとの関係、心温まる作品に仕上がってます。シェフが恐れる料理評論家・イーゴとのバトル?も楽しい。

 

料理に関しては、とてもストイックであり、グストーの「誰にでも料理はできる」に反対するイーゴ。彼の酷評により、グストーのレストランも「5つ星」から降格させられてしまう・・

 

最後にリングイニが作る料理とは?そして、イーゴの評価は?どうやってレミーが、人間のリングイニに料理を作らせるのか?

 

ふたりの関係もスキナーによって壊れてしまい・・料理はどうなる?笑いもホロリとするシーンもあり。とても楽しい。厨房、パリの景色などもすごくきれい。

でも、厨房で沢山のネズミには驚き(^_^;

この映画だったら映画館でみたい!と、思えるレベルでした。

ディズニーの作品は夢をかなえてくれるので大好きですね^^♪