ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「篤姫」40回

出陣!と、聞いただけで辛いものです。しかも今回は長引きそうな予感。せっかく家茂の子を?と、思ったら間違いでした。この2人の間に子は・・wikipediaによるといないようです。

 

 

 

「息子の出陣」視聴率 28.1% 感想

 

薩摩藩より、長州藩!と、思ったら、それはそれで反長州もいたりして・・

岩倉具視も「今に見ておれっっっっーーーーっっ!」と、(笑)

 

元治元年(1864)春・・

若い和宮と家茂は幸せそう・・でも、これから出陣なのでしょうね。

その頃、薩摩によって追われた長州が計画を立てていた、しかも銃を用意してる。やはり戦は避けられないのでしょう。

薩摩藩、なんだ!西郷が戻ってきた!2年近くも・・島暮らし?

西郷、ぐんぶ役に?この字、変換が出来ない^^;^^;^^;

 

帯刀、天璋院が好きなはずなのに〜舞妓?の琴花を好きになりそう。京の町は長州の勢力が強くて、薩摩は嫌われてるみたい。

戦でいつ、命を落とすかわからない・・騒ぐ時は騒ぐ!と、帯刀。

この琴花さん、やはり帯刀の人生に大きく関わるらしい。

 

長州勢はついに御所への突入を決行!これが世に言う「蛤御門」

この長州兵を迎えたのは、一橋慶喜を頭とする幕府軍。御所を守る薩摩藩

戦じゃ〜〜

帯刀、なんか弱そう・・薩摩藩がきたので幕府軍の圧勝に終わる。天璋院、薩摩が御所をまもり、帯刀が活躍したと聞き喜ぶ。

昔、囲碁で弱かったのにね。

 

およ!天璋院に観行院が会いに来た。お礼を?

御所を守ったから、天璋院薩摩藩の味方と思ったのかしら・・この人。

滝山!ここで家茂に「側室を用意したい」と、言い出す。驚く2人・・まだ早いんじゃ?

怒り、拒否する天璋院によろこび、納得の観行院なのよ。

滝山は早く世継ぎが欲しいのよね、幕府のためでしょう。滝山の顔がアップ!

やっぱりメイク濃いわ(笑)

 

和宮、気分が悪いと?もしや?さすが母親・・気がつくのよ。

おぉ!世継ぎができた和宮なのね〜喜ぶ天璋院たち。

和宮、「この子は公武合体の証!」と、いうけど〜それよりは家茂の子だから嬉しそうな感じです。話をきき、やってくる家茂!嬉しそうなふたり・・

 

琴花「ご家老さん、帯刀はん・・」って・・西郷が気をきかせたみたい。

可愛いじゃない、この琴花!

 

勝海舟の操練所が終わり・・ここには蛤御門の時のおたずね者もいるから。幕府が黙っていない。海軍を作るのが夢な勝なのに。

薩摩に頼もうと考える勝、帯刀だわ!

勝の使いで坂本龍馬がくる。お!銃を持ってる坂本なのね。しかも革靴はいてるし、ブーツだって(゚д゚)!

 

幕府に追われるような者がいるのに、薩摩が手を貸すのかしら。

引き受ける帯刀、琴花が突然、やってくる!玉木宏、カッコイイ〜^^♪

でも、具体的な話もしないで坂本龍馬帰っちゃって?ドラマだから仕方ないか・・。ちょっと、はしょりすぎかな。

 

気が早い天璋院和宮に赤ちゃんのオモチャを持ってくる。素直に喜ぶ和宮なんだわ。おばあさんになる天璋院と観行院なんだわ。

これが・・ええー?間違い?

和宮の妊娠は間違いでした・・最初に医者にみてもらえば良かったのに(^_^;

がっくりの和宮・・天璋院、涙を浮かべて和宮にあやまる。

 

そんなに泣くことはないと思うのに・・流れたわけではなくて間違いだったのだし。

それでも、和宮を思う天璋院和宮は家茂を心配する。

だからー!先に医者にみせれば良かったのに^^;

でも、天璋院の気持ちが届き感激する和宮、これでふたりの気持ちは通じたのかも。

やはり、和宮は家茂の子を抱きたかったのよね。

観行院、大丈夫かしら?気疲れ?倒れてしまう。

 

幕府に従わない長州藩に対して、オモ!一橋慶喜

「長州など、この慶喜が討伐してみせます」って帝にいってる。

これで長州藩との戦が始まる・・

西洋の写真、フォトグラフィ・・3人で写真をとる。家茂、天璋院和宮・・この和宮だけの写真をもっていった家茂だった、フジTV「大奥」版では。

 

「母上さま、宮様、わたくしはまもなく出陣いたします」と、突然の家茂!

長州征伐なんだわ!総大将として軍をまとめる家茂。

身体が弱い家茂、途中で確か・・(>_<)

 

出陣の知らせでがっくりする和宮、これはショックだわ。笑顔で見送ってほしい家茂だし。作り笑顔の和宮、ここ、いい表情でしたね。

あー!ここでうるさい本寿院がきた。KYな本寿院だわ!

去っていく和宮を見て不吉な予感を感じる天璋院・・・

 

今回、和宮天璋院の心が通ったシーンが印象に残りました。和宮・生母の観行院ともいい感じだったし。やはり母としての想いが通じたのでしょう。でも、心が通ったあとは・・悲しい運命になるような展開が気になります。