ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「龍馬伝」19話「攘夷実行」

「また会おう、龍馬。」と、武市は死を覚悟してたのだと思います。以蔵にも謝りたいと武市はきちんと、自分の人生にケジメをつけたかったじゃないでしょうか。龍馬はこれが最後の武市・・と、表情でした。

 

 

あらすじと感想 視聴率 19.0%

 

土佐の大殿・容堂、いい加減なやつというか〜八方美人で生き抜いたのね。

まあ、それだけ賢い証拠でしょう。

世の中の動きを読むのがうまくて。「攘夷!」と、叫ぶ声が多い時は、武市を好きにさせておいて。

 

今度はもう、自分で土佐に帰り〜平井収二郎宮迫博之)を、その気にさせて内部で武市とケンカさせるようなことを。

容堂に言われつい、自分でも「世の中を変えたい。日本を変えたい」と、自分の力を試したくなった収二郎が、土佐の改革をいいだした。

これに容堂は、収二郎を土佐に戻す!と、怒る。

 

収二郎のこの行動に驚く武市。

以蔵は勝の用心棒になってるし〜この2人を連れてくる龍馬。

収二郎は、容堂に踊らされてあんな発言を・・と、武市を裏切るつもりはなかったと泣いてあやまる。

 

以蔵も、「もう、人斬りはいやじゃ。」と、いいだして・・ずっと、武市のために動いていた収二郎、以蔵。

これを龍馬は「2人とも1人の人間じゃよ。武市さんの駒じゃなかったじゃき。」と、いうの。

「攘夷のためなら、何をしても構わないというのはわしは違うと思う。」と、龍馬。(土佐弁は難しいので普通に)

武市はこれに「わしは間違っていない。もうじき攘夷は実行される。5月10日がくればわかる。いつも、戦わず見学してるだけのお前に何がわかる!」と、龍馬を怒る。

 

武市は収二郎には土佐に帰るように指示、以蔵には「もう、わしたちと関係ない。好きな所へいけ。」って。

攘夷が実行されれば、龍馬と武市は戦う!と、武市。龍馬はもう、容堂にいわれ脱藩を許されてるので土佐に帰ることも可能。

 

以蔵もこの方がいいわ。「飼い犬」なんて、犬呼ばわりする武市のそばにいない方が。

武市の土佐勤王党から、勝の塾に行った3人は外国の勉強をするうち、

「武市先生のそばにいるより、こちらの方がいい。」と、言い出してる。何でも自由に自分の道を進め!と、勝の方針と、武市の下で駒となり、動くだけの人生じゃ、いやですよね。

 

武市率いる土佐勤王党のメンバーは・・・土佐の大殿からの命令待ち。

「異国と戦う!」と、やる気満々の土佐勤王党。出陣命令がこない。

これに容堂は・・

 

5月10日

長州藩に攻撃されたのは、アメリカ商船。攘夷を実行したのは長州藩のみ。

この攘夷の日、出陣命令をひたすら待っていた土佐勤王党たちは、悔しかったでしょうね。

 

徳川慶喜、憎たらしいー!

「ただちに各国に知らせよ。あれは長州藩が勝手にやったこと。幕府とは無関係!この機会にうるさい長州がなくなってくれれば、儲けもんだのぅ。勝。」

「そうだ、これも各国に伝えよ。長州にやられた軍艦があれば・・幕府が修理する。」と、笑う慶喜

無言の勝。

この幕府、朝廷には攘夷実行を約束しておいて、裏で密かに異国と繋がっていた。

 

攘夷実行を夢見てた武市、夢も潰れガックリ・・龍馬は

「異国の船を攻撃した長州はあっさり、異国にやられたので土佐藩も、参加してたらやられてはず。もし、日本のすべての藩が攻撃してたら、この国は無くなっていたかも。」と。

それだけ、異国が強いってことですね。

 

攘夷は愚かなことでなく、攘夷をするには「別の手段」があると龍馬。

日本の海軍を作り、異国と対抗できるように力をつけて・・と。でも、武市はもう、自分の考えを変えることは出来ないというの。

武市のために懸命に働いてくれた収二郎が捕まり・・武市は

「わしに人徳がなかった。」と、これを否定する龍馬。「攘夷が実行されなかったのは武市のせいじゃない。」と、なぐさめる龍馬。

武市は収二郎が土佐にいるので・・自分は放っておけないと、土佐に帰るという。これをとめる龍馬、武市が土佐に帰れば捕まるという。

 

朝廷に収二郎がいったことは、藩を思ってからのこと。武市があやまれば大殿さまが許してくれると、自分は収二郎を助けると武市。

これに龍馬は

「大殿さまは、武市さんが思ってるような人じゃない。あの人は・・武市さんを嫌ってます。帝の使いとして江戸にやったのも、土佐藩を攘夷の旗頭にしたのも・・じつは容堂はよく思っていなかった。わしは・・この耳でそれを聞きました。目の前でいいました。事実です。」と、龍馬。

信じない武市は

「じゃあ、なぜ大殿様が俺を嫌う?」と、理由を聞く。

「大殿さまを支えていた、吉田東洋さまを殺したからです。そして・・土佐勤王党下士の集まりでした。」

 

信じない武市、信じたくないのでしょうね。

「攘夷の夢が消え、大殿さまを信じないことまで出来ない。それじゃ、武市半平太の人生すべてを否定することになる。」

侍が殿を信じなければ、それはもう「侍」じゃないと武市。

泣いて土佐に行くと、武市をとめる龍馬。武市は土佐で捕まってる収二郎を助けたらまた、戻ってきて以蔵にあやまりたいという。

 

「ほんまに・・異国の脅威から・・日本が独立を守れるなら・・わしは・・お前の海軍に加わってもいい。それまで達者でのぅ。」と、武市。

海軍に入ることを拒否したのに・・最後はこんなことまでいってた武市。

 

福山龍馬!男泣きの演技に涙でした(/_;)

 

以蔵は・・人斬り以蔵と知られて・・逃げる以蔵。

収二郎は牢屋にれられ、「吉田東洋を殺した罪」と、言われる。きっと、武市が戻れば・・うーん、予告では悲しいことが。

追記感想

2度目視聴、気がつきました。

大殿を信じる武市は「大殿さまから、わしは菓子をもらった。」と、いうのだけど、これは容堂が与える時、笑っていたのを思い出しました。

「菓子」を与えた容堂の本当の意味は、お前は「下士」って意味だと思います。