ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「レッド・プラネット」感想

2000年のSF映画です。地球は過密人口となり、環境汚染も進んでいたので火星に酸素を作るため、無人探査機で藻類を送り、育成していたが酸素レベルが突然、下がってしまった。

 

酷い出血シーンなどはありませんので子供でも観れる作品でしょう。

 

原因究明のため、初の火星有人飛行に参加したボーマン船長(キャリー=アン・モス)は女性。

トップガン」のアイスマンヴァル・キルマーが、ロビー・ギャラガー/整備士役として登場。

顔を見た瞬間、これはボーマンと恋愛に発展するかも?最後まで生き残るわよね?と感じました。

 

音楽やクルーの雰囲気など、軽いノリでチャラい印象。

火星に向かう途中、お約束的な事故が起こり、ボーマンだけを残し、他のクルーは火星になんとか着陸します。

 

クルー同士のいざこざを含め、一緒に乗っていたロボットが事故の衝撃で狂って攻撃してきたり・・。

色々な事が起こり、火星に薄いけれど酸素があることが判明。

探査機で送った藻類を探しますが・・。

 

諦めていたボーマンですが、クルーが生存してると知り、助けに向かう途中、地球からは早く帰れ、との命令が。

しかし、仲間を捨てて帰るはずもなくて頑張って助けます。

けれど、結構な人数が亡くなります(^_^;)

 

途中、ロボットに襲われたり、昆虫が出てきたり・・。

最後にはもちろん、ボーマンと一緒に帰還するギャラガーなのでした。

 

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^