ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ロスト・バケーション」感想

2016年の作品。休暇でサーフィンに行き、サメに襲われる医学生ナンシー。負傷し、大量出血に負けず生き残る事ができるのか?
ハラハラドキドキで面白かったです♪

f:id:luccax:20210919154540j:plain

亡き母との思い出のビーチに行き、波乗りを楽しむナンシー。

 

ビーチは穴場的な場所であり、他の人はほぼいない。
現地の男性2人と出会うが、言葉が通じず、笑顔で答える。

この場所へ案内してくれた男性は親切だがやはり、言葉がうまく通じない。

 

現地の男性が2人、そしてナンシーだけで波乗りなんて贅沢ですよね。
美しい海にサメがいるなんてとても思えない。
現地の人も、「ここにはサメはいない」と、言ってました。

 

けれど、男性2人が先に襲われ、サメがいることに驚愕するナンシー。

必死で逃げるも、運悪く襲われ、脚を酷く負傷してしまう。
医学生のナンシーは、自分で脚の手当をしながら、逃げる方法を考える。

 

応急手当ての方法がとても痛々しい。
すごい出血と痛みに耐えるも、声を出して苦しむナンシー。

 

この海には人が来なくて、どうやって助かる?と、ドキドキでした。
海中からのカメラアングルも素晴らしくて怖い。

 

襲われた男性たちが持っていたカメラを見つけ、自分を映し、家族へのメッセージを撮影するナンシー。
これはもう、遺書みたいなもの。

 

最後まで、誰かが助けに来ると思ってたんですけど。
サメとの生死を賭けたナンシーの覚悟を見てくださいね。

 

本当にハラハラな作品でした。
最近のサメ映画って、巨大化しすぎたり、単なるパニックムービー的で好きになれなかった。
でも、これは真面目に楽しめました。
ま、ちょっとサメが大きすぎると思ったけれど。

 

ブレイク・ライヴリーって、「アデライン、100年目の恋」とは別人なので驚きました。

好き度は★3.5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます^^