ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ヴェノム」

2018年のSF。最も凶悪なダークヒーローと期待して視聴なり。

 

それほど凶悪じゃなかった、と感じましたね。

良いヤツじゃん!って、逆にびっくり。

 

内容は・・

人体実験をしているライフ財団を怪しく思う記者のエディ。

 

財団のカールトン・ドレイクは、地球外生命体・シンビオートと人間を融合させる実験をしていた。

だが、多くの人間は死んでしまう。

 

このシーンが驚きでした。

シンビオートって、黒くてベタベタしてるスライムみたいな感じの生き物。

 

財団の施設に侵入したエディは、シンビオートに寄生されるも無事だった。

うまく融合?出来たみたいで、ヴェノムの声が聞こえて普通に会話する。

 

このシーンも可笑しくて、お腹が空いたヴェノムが食べた物をエディが吐き出す、とか。

何でも食べるヴェノム。

これが他のエイリアン系の映画と少し、違う感じですよね。

相棒って感じで、2人?で悪をボコボコにするシーンも。

 

ヴェノムには弱点があり、エディがMRI検査をした時の音で暴れ出します。

この音がダメであり、聴き続けると人間から出てしまう羽目に。

 

カールトン・ドレイクはシンビオートに寄生され、喜んでいるようす。

地球にもっと、仲間を連れてくるよう指示され、ロケットの準備をしていた。

 

後半、カールトン・ドレイク(ライオット)とエディ(ヴェノム)と戦ったり。

カールトン・ドレイクとエディ、地球を守る派と地球政略派・・という感じの争いに。

 

ロケット発射寸前、強いライオットに負けそうになるヴェノム。

 

エディも刺されたり、ダメかと思ったけれどヴェノムと合体・・傷も回復する。

 

ロケットを破壊、自分も犠牲になり炎の中に消えたヴェノム。

 

その後・・恋人と楽しく会話するエディにはヴェノムの声が聞こえていた。

「俺たち、ヴェノムだ!」

 

ヴェノムは生きていたんですね。そしてパート2に続く・・ってラストでした。

 

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^