ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」感想

カナダで最も有名な画家の真実。

ほっこり系だけどたまに・・ハラハラ。女性が好きそうな優しい物語です。

2018年の作品。

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20210920142351j:plain

ストーリー

絵を描くことが大好きなモード(サリー・ホーキンス)。

エベレットが家政婦を求めていると知り、雇って欲しいと会いに行く。

自立を決意したモードは住み込みの家政婦を希望。

2人の奇妙な生活が始まる。

 

こんな感じでずっと、2人の生活を描いてます。

特に変わった事件も起きず、とにかく不器用な2人。でも、それがとても心地よいです。

モードは重いリウマチを患っていて、静かに生きてきた女性。

エベレットは孤児院で育ち、孤独な人生。

この2人が言い合いながらも、互いに認め合っていきます。

 

モードが描いた絵がとても温かで彼女の人柄を感じます。

実話ということで、エンドロールに本当の2人の映像も流れてきます。

なんだか感激したラストでした。

 

可愛くてあったかい雰囲気の絵が多いですね。

モードの名前で検索すると沢山の絵が出てきます。

こんなふうに年をとるのもいいな、って思えてきます。

おすすめ♪

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^