ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「荒野にて」感想

僕はこうしてホームレスになりました・・。15歳の少年が突然、家族を失い彷徨う物語。

チャーリー・プラマーは、第74回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

f:id:luccax:20210929204335j:plain

暗く切なく、胸が締め付けられる内容で泣けました。なぜ、まだ子供なのにこんな苦しい目に?父親のせい?母親?

可哀想で本当に見ていて辛かった。それほど感情移入してしまいました。

ネタバレ度50%くらい

 

ストーリー

オレゴン州ポートランドで暮らすチャーリーと父親

父親は時々、家に女性を連れてくる。

そんな時は気を使うチャーリー(チャーリープラマー)は15歳、フットボールが好き。

母親は家を出て行った。

冷蔵庫にはビールとシリアルだけの家。

 

競馬場で馬主デルと知り合い、バイトで競走馬ピートの世話をすることに。

ピートの世話をするうちに楽しくなり、友達のように話しかけるチャーリー。

しかし、父親が亡くなり・・ひとりぼっちになってしまう。

唯一、頼れるマージー叔母さんに会いに行くため、ワイオミングを目指す。

 

こんな内容です。

父親がいい加減というか、配慮が足りない。自分にもしも・・ということがあれば、息子は1人になってしまう。

なのに息子から、叔母の電話番号を聞かれても教えない。

デルにも、食事時のマナーの悪さを指摘されたチャーリー。

この辺りも父親の性格が出ていると思いました。

 

チャーリーは父が亡くなり、寂しさを感じてるけれど、泣いたりしない。グッとこらえてる感じ。

友達のように大好きなピートを連れて歩いてる時も、必死で心細さを誤魔化してるようにも感じました。

 

競馬の厳しい現実を知り、ショックを受けたチャーリー。

デルが馬をこきつかう・・と、噂を聞いて不安に。

レースに勝てなければ、メキシコで虐殺される事実。

騎手ボニーから、

「馬を愛しちゃダメ。競走馬はペットじゃないわ」と、言われるのです。

 

ピートが売られると知り、トレーラーごと奪い、逃走するチャーリー。

その後、ピートと叔母を探しながら、ワイオミングに向かうのです。

道中、色々なことが起きるし、馬も少年もろくに食べられず、飲むことも・・と、いう流れ。

映画とはいえ、馬が大好きなので可哀想でした。

競争馬なのに荒野を歩かせたり・・。

 

チャーリーはまだ、幼いし、馬のことも詳しくない。

悪い大人たちにも遭遇し・・。

 

叔母を探す方法も昔とは言え、あれで見つかるの?と、不安も。

本当に叔母に会えるのか、会えても叔母の生活に迷惑をかけないか?と、不安でいっぱいのチャーリー。

それでも、それしか道はない!と、思ってるのも辛い。

 

自分ではそんなつもりはなくても、世間から見ればホームレスになっていたのです。

悲しみを抑え込み、必死で叔母に会う!と、これだけで生きていた。

そんな彼の思いを俳優が見事に演じてます。

目線や、表情、落ち着かない素振りなども良かったです。

本当に夢中で観てしまった映画。

 

こうしてホームレスの子が悪いことに手を染めて・・犯罪になってしまうのかも、と思えます。

子供が生きるために精一杯なのに、周囲の大人は助けてくれない。

 

怖い夢を見るというチャーリー。

「ピートが溺れてるのに・・助けられない。そのことが悲しい・・」

このシーンは嗚咽でした。

 

私は涙腺弱いのですがやはり、最後は泣いてしまいました。

でも、誰が観ても良い作品だと思います。

おすすめです。

 

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4.5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^