ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「パパが遺した物語」感想

愛する人が亡くなったトラウマから抜け出せないヒロイン。大人になっても失う恐怖から人を愛せなくなっていた。

ラッセル・クロウが優しい父親を演じてます。

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20210930141807j:plain

ストーリー

1989年、小説家ジェイクは運転中、妻と大喧嘩して事故に。

娘のケイティ(7歳)は助かったが、妻は亡くなってしまう。

愛する母親を失い、ショック状態のケイティ。

 

ジェイクは事故の後遺症で入院、ケイティを義姉エリザベスに預ける。

1年後、ケイティと再会を喜ぶジェイクに、彼女を養女にしたい、とエリザベスから提案される。

驚き、拒否するジェイク。

 

ジェイクの態度に怒り、ケイティの養育権を取ろうと訴えるエリザベス夫婦。

お金が必要になり、娘との生活を本にするジェイク。

 

25年後、両親が亡くなり、人を愛せなくなっていたケイティ。

本気で愛すれば、いつかは死んでしまう・・捨てられる恐怖と戦っていた。

作家志望のキャメロンと出会い、愛し合うケイティだったが・・。

 

こんな感じです。

ジェイクは事故の後遺症で苦しみ、亡くなってしまうのです。

その前に必死で書いた本がバカ売れ。

有名な作家の娘、と成長したケイティですが、寂しさを埋めるために誰とでも寝てしまうような生活。

 

愛するキャメロンと出会ったあとでも、浮気しちゃうのです。

病気なんでしょうね。

ケイティは施設でソーシャルワーカーとして働いてるけれど、自分のことはダメみたい。

心理学を学んでいるはずなのに・・。

治療が必要だと思ったのですが、キャメロンの登場で癒されていく流れ。

 

父親に愛され、家族を愛するケイティが愛を失い、葛藤する中で成長していく展開です。

ジェイクの子育てシーンも微笑ましい。

幼い頃、父親と一緒に歌ったカーペンターズの「Close to you」を聴いて、ハッとするシーンが切なかったです。

 

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^