ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「アメリカン・ヒストリーX」感想

言葉を失うほどの恐怖と驚き!白人至上主義/兄弟たちの物語。2人ともイケメンで弟役は「ターミネーター」のジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロング

日本人には理解出来ないですね。何故、ここまでになってしまったのか。やはり、銃社会の怖さを実感でした。

監督はトニー・ケイ。

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211011200853j:plain

ストーリー

深夜、黒人の自動車泥棒を殺害するデレク(エドワード・ノートン)は刑務所に。

 

3年後、兄が帰ってくるのを楽しみに待っていた弟ダニー(エドワード・ファーロング)。

父が黒人に殺されたダニーは兄を崇拝・・しかし、デレクの態度が妙だと感じる。

 

こんな内容です。

刑務所に入る前のデレクは凄かったです。

わかりやすく書くと、暴走族の総長みたいな立場。

多くの仲間たちが皆、神のようにデレクを崇めていたのです。

リーダーとしても賢く強いデレク。

 

ただ、3年の間に彼は変わっていたのです。

つまり、改心したデレクに戸惑うダニーや仲間たち。

なぜ、あんなに黒人を憎んでいたデレクが?

どうして考えを変えた?

とにかく早く続きが見たい!と、思う展開でした。

 

校長のスウィーニーは黒人ですが、2人のことを真剣に心配し、支えてくれます。

ダニーが兄と同じ道を進もうとしてるので、必死で止めようとしてるのです。

 

デレクの裏には、人種偏見のコラムも書くキャメロンという白人がいます。

彼が苛立つ若者を勧誘、仲間に引き入れてるのでした。そのリーダーとして活躍していたデレク。

 

デレクには心の傷があり、社会や制度にも苛立っているのでした。

 

後半、不安定なデレクにスウィーニーは言います。

「怒りは君を幸せにしたか?」

逃げずに正々堂々と戦え、とアドバイスするのです。

 

この問題は本当に根が深いと強く感じました。

デレクも最初はこんなじゃなかったし・・。難しいですね。

あれだけの地位にいた人が急に○○しても・・周囲は許さないでしょう。

デレクの刑務所内での流れにも驚きました。

良い人もいたのだけど、怖い場所ですよね。

暗い内容だったけど、作品としては迫力あり、すごく見応えありました。

 

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^