ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「恐竜が教えてくれたこと」感想

共にいた一瞬一瞬が愛おしい。手遅れになる前に一緒にいる時間をたくさん作りたいですね。大切な存在と・・。

原作は児童文学作家アンナ・ウォルツ「ぼくとテスの秘密の七日間」

タイトルはこのままの方が内容に合ってるのに。オランダの島も素敵です。

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20211101202129j:plain

ストーリー

島に家族で遊びに来た11歳のサム(ソンニ・ファンウッテレン)は、この世に生きているものはいつか死んでしまう・・と、考えていた。

 

末っ子である自分が死ぬ時、家族はすでに死んでいるはず。その時、1人に耐えられるのだろうか・・と、不安になる。

悩んだサムは、1人でいることに耐えられるよう、訓練を始めることに。

1日1時間から始め、少しずつ時間を増やしていこうと計画する。

 

そんなある日、島に住む女の子テスと知り合う。母親と二人暮らしのテスと親しくなるサム。

テスは貸別荘の仕事を手伝い、お客であるヒューホ、エリーセと会う。

テスの様子がおかしいと感じるサム。

 

こんな感じです。

正直、前半は退屈に感じるかもしれません。

でも、テスのある計画からサムは大事なことに気がつきます。

それを書いてしまうと、この作品の面白さが半減するので😅

 

サムは寂しいことが嫌で、みんなと一緒にいたい。1人で死ぬことを考えると怖くて仕方がない。

「本当のひとりっきりってどんな気分だろう」

こんな事ばかり考えるサム。

 

1人で死ぬ訓練をしてる割に後半、本当に危険な目にあってしまうサム。

その時、死を感じます。

「思ってもみなかった。最後に死ぬはずの僕が・・最初に死ぬなんて・・」

 

その後、会った老人からサムが嬉しくなるような事を教えてもらいます。

この2人の会話シーン、保存版です。

そして、サムが取った行動も素晴らしい。

 

テスを思い、自分は幸せなんだ、と気がつきます。

ここも可愛らしいシーン、そして感涙。

 

タイトルの恐竜は出てきませんが、この老人もある意味、恐竜のような存在だったのかな、とも。

 

老人の言葉を聞いた瞬間、私も泣けてしまいました。

人間ってその通りなんですよね、本当に。

大切な存在を失った事がある方、胸に響く言葉だと思います。

とても優しい気持ちになれる癒し系の作品です。

是非、観て欲しいですね。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^