ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ジョジョ・ラビット」感想

ヒトラー大好き10歳の少年が過酷な環境にも負けず、成長する物語をコミカルに描いてます。

第二次世界大戦中、空想上の友達ヒトラーを支えに生きているジョジョ

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211105181200j:plain

ストーリー

母親と2人暮らしのジョジョは、青少年集団ヒトラーユーゲントで兵士を目指して訓練中。

ウサギを殺せ、と命令に従えないジョジョはからかわれ、「ジョジョ・ラビット」と、あだ名を付けられてしまう。

 

ある日、母スカーレット・ヨハンソンが家の中で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジーを匿っているのを発見、驚愕するジョジョ

 

こんな感じです。

10歳の少年ジョジョは、大人ぶってとにかく可愛い。

本当は臆病なのに偉そうにしたり、怖いことも平気なふりをします。

ヒトラーに憧れ、架空の友達にもなってる状況も可笑しい。ずっと、彼と一緒に会話するジョジョ

このヒトラー役を監督のタイカ・ワイティティが演じてます。

 

彼の母親もスカーレット・ヨハンソンなので綺麗。友人の太った男の子も可愛いのです。

最初、ユダヤ人の少女と話すジョジョは怯えて借りてきた猫のよう。

2人のやりとりをコミカルに描いてるので楽しい。

 

自分はユダヤ人だし、隠れて生きている存在・・でも、ジョジョに対しては堂々として、軽く扱う少女も面白い。

隠し部屋なので、人が来ると慌てて彼女を隠すジョジョ

次第に友達のように親しくなっていきます。

 

前半、楽しくユーモアある感じで進みますが・・後半はやはり、戦争中だった・・と、思い知るシーンとなります。

ビビりのジョジョがある事がきっかけで落ち込みますが・・。

そんな時、支えてくれるのは誰なのか。

ジャンルはコメディとあるのですが、そこまで笑えません。

でも、可愛くて楽しい、そして切ない作品です。

これも未視聴の方、すごくおすすめです。

 

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^