ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「残された者 北の極地」感想

サバイバル出来るのか!厳しい寒さと飢え、孤独に耐えて救助を待てる?

2018アイスランドの作品。

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211110183352j:plain

ストーリー

オボァガード(マッツ・ミケルセン)が乗っていた飛行機が北極圏で墜落。

1人、救助を待ちながら、壊れた飛行機の中で遭難生活をするはめに。

 

こんな内容です。

孤独な彼は釣りをして食料を確保、SOSサインなどを作る・・と、いう日々を続けていたのです。

彼の顔は感情もなく死人のよう。

それだけ1人でいた、という印象でした。誰とも話すこともなく、耐えていたのだと。

ルーティンを続けても意味はない、という雰囲気もありますね。

 

そんなある日、ヘリコプターが来て歓喜するのですが・・。

不幸なことになってしまいます。

 

その後、彼が選択したことは間違いかも?と、思ったのだけど。

そうでもなかったのです。

私なら、もう助けは来ない、と諦めてしまうでしょう。

 

彼は最後の最後まで、生きることを諦めないのでした。

とにかく、他の人と会話するシーンもほぼありません。

一人芝居のような感じで、重く暗い作品です。

でも、グロとか見れないシーンはありません。

 

自分ならどうする?と、考えながら観てしまう作品でした。

地味だけどおすすめです。

淡々としてるけど、こういう映画は好きですね。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4.5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^