ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」感想

原作は日本の「呪怨アメリカのホラーです。ハリウッド作品としては4作目でリブート。

例の音「カカカカカカ」が怖かった。

ネタバレ度30%くらい

f:id:luccax:20211130201143j:plain

ストーリー

2004年

フィオナ・ランダースは東京での仕事を終え、アメリカに戻ってくる。

 

2006年

夫を失ったマルドゥーン刑事は、息子と2人暮らしを始めていた。

ある日、マルドゥーン刑事は、変死体が発見された屋敷に向かう。

この屋敷は、足を踏み入れれば怨霊に殺される、と噂されていた。

 

こんな感じです。

これ以上、書いてしまうとネタバレが大きくなってしまうので・・。

私はジャパニーズホラー、ソンビは苦手で観ないので「呪怨」も観てません。

色々な所に日本版を観てる人にはわかるシーンがあるようす。

 

この後、次々と屋敷に関わった人物は惨殺されるという流れ。

そして、マルドゥーン刑事も気付きます。

東京でフィオナ・ランダースが、怨霊を連れて来てしまったのだと。

 

全体的に日本ホラーっぽい雰囲気あり。

音も日本の「あああああ」みたいなのが怖い。

頻繁に霊が登場するので飽きないと思いますね。

 

原作が日本のでも、アメリカならではの演出が良いですね。

日本では霊が怖いと思うのだけど。

アメリカ人が感じる恐怖とはこんなモノなのかな?とも。

日本版を観てないので比べられませんが、それなりに怖かったです。

未視聴のかた、おすすめ。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^