ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「SKIN/スキン」身体中のタトゥーがすごい!

白人至上主義者に育てられたスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話を基にした作品。

2019年製作・118分・ R15・アメリ

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20220116172402j:plain

ストーリー

白人至上主義の男に育てられ、ギャング団に所属していたブライオン(ジェイミー・ベル)。

ある日、3人の子供を育てているジュリー(ダニエル・マクドナルド)と出会い、白人至上主義の思想から抜け出すことを決意。

 

こんな内容です。

同じように白人至上主義の映画としては、「アメリカン・ヒストリーX」の方が衝撃度が大きかったです。

これはドキュメンタリーのようでもあり、作品として予想出来る展開ですね。

それでも、ギャング団を抜けることを許さないメンバーたちが怖いです。

人の命を何とも思っていない。自分達だけが正しい、という考えは本当に恐ろしい。

愛する人を見つけたブライオンに対し、メンバーたちは彼の足を引っ張るのでした。

 

このタイプの作品は展開が読めるのですが、見始めると引き込まれる作品ばかりだと思いました。

途中、2年くらいかけて身体中のタトゥー除去のシーンがあります。

シミ取りレザーのような感じなのかな。でも沢山あるので痛そうでした😅

エンドロールに本物の彼が登場、とても印象的でした。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^