ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「マッドバウンド 哀しき友情」理不尽な差別に苦しむ人々

白人と黒人の友情はこの時代、理解してもらえない。当時、それを悔しいと思ってる人々もいた。そんな男たちのやり切れない物語。

2017年製作・アメリカ・120

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20220121155200j:plain

ストーリー

第2次世界大戦中、ミシシッピ・デルタの綿花農場で働く地主ヘンリー(ジェイソン・クラーク)、妻ローラ(キャリー・マリガン)の白人マッカラン一族。

小作人ハップ(ロブ・モーガン)の黒人ジャクソン一族。

 

戦争へ従軍したヘンリー弟・ジェイミー(ギャレット・ヘドランド)、ジャクソン家のロンゼルは帰郷。

戦争のPSTDで苦しむジェイミーとロンゼルは親しくなるが、周囲には理解されない。

南部では人種隔離政策が根深く、ジャクソン一族はマッカラン一族に見下され、使用人のように扱われてしまう。

特にヘンリー、ジェイミーの父は黒人を毛嫌いし、ロンゼルと親しくするジェイミーを怒っていた。

ある日、ロンゼルを拉致してしまう街の人々。

 

こんな重い内容です。

同じ状況の白人家族、黒人家族ですが世間の見方は全然違うのです。

国のために戦い、帰郷したロンゼルは買い物しても店の裏から出ろ、と命令されます。

ロンゼルもジェイミーと同じように戦争で戦い、苦しんでいたのに。

 

前半は、ヘンリー家族の様子を描いてます。

ロンゼルはヨーロッパでは自由な環境で生活してました。でも、故郷に戻ったら・・差別される社会。

でも逆らうことは出来ないのでした。

それはジェイミーも同じで、ロンゼルが酷い目にあっても助けることが出来ない。

それが歯痒くて悔しい、そんなジェイミーの姿も印象的です。

 

ロンゼルの母にすれば、こんな理不尽で苦しいことはない。

声をあげても誰も助けてくれない。見ていてとても辛かったです。

南部の貧困を描いているのですが、白人、黒人も同じように苦しい時代なのに・・と、思ってしまいます。

後半、ロンゼルが白人たちに拉致され・・という展開には言葉を失います。

きっと、ああいうのは事実なのでしょうね。悲しいけれど。

 

ラストだけは唯一、救われたシーンでした。

暗い作品ですが多くの人に観て欲しいです。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^