ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」脱獄!実話物語

ハリー・ポッターダニエル・ラドクリフ主演。アパルトヘイト体制下の南アフリカ共和国で、難攻不落の刑務所に投獄された実話です。

2020年製作・イギリス・オーストラリア合作、106分

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20220123191828j:plain

ストーリー

1978年、南アフリカ共和国

アパルトヘイト撤廃を訴えるパンフレットを頒布、逮捕されてしまうティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)、スティーヴン・リー(ダニエル・ウェバー)。

プレトリア中央刑務所で出会った人々と組み、脱獄を計画する。

 

こんな内容です。

彼は「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」でも、ボリビアの遭難体験の作品にも出演(実話)。

ハリポタ少年のイメージを変えたいと、過酷な役に挑戦してるのだと感じます。

 

刑務所でのシーンは監視の目を盗み、鍵を次々と作成します。

あんなもので本当に脱獄出来る?と、思ってしまいます。でも、昔の鍵だから現代と違い可能だったのでしょうね。

ハラハラするシーンもあり、脱獄の瞬間はドキドキでした。

 

脱獄するまでが長いのですが、仲間との相談も隠れてコソコソ。

トラブルも発生、本当に出来るの?と、流れが面白かったです。

鍵を作成中、見つかることもあり、どうやって誤魔化すのか・・とかも。

エンドロールには本物のティムたちが流れ、大変だったのだろう・・と、強く感じます。

 

脱獄するまでの様子なので地味、といえば地味だけど実話なのでとても興味深い作品でした。

コツコツタイプ、どちらかと言えば、男性向きでしょうか。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^