ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」1番の悪党は?

1920年代のアメリカを舞台に孤独な男の苦悩する姿を描いてます。

2021年製作・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドアメリカ合作・128分・G

ネタバレ度70%くらい

f:id:luccax:20220309191119j:plain

ストーリー

1920年代、アメリカ・モンタナ州

牧場主のフィル・バーバンク(ベネディクト・カンバーバッチ)と弟ジョージ(ジェシー・プレモンス)は、未亡人ローズ(キルスティン・ダンスト)と出会う。

ジョージとローズは結婚、ローズ息子/ピーター(コディ・スミット=マクフィー)は大学の医学部へ。

フィルはローズを毛嫌いしていた。

フィルの態度が酷いため、不安になるローズはお酒に溺れ、アルコール依存症に。

ピーターはある日、フィルの秘密を知ってしまう・・。

 

こんな内容です。

とにかくフィルがローズに冷たくて、気分悪くなるほど嫌な男です。

息子ピーターは、そんなフィルの秘密を知り・・という展開に。

ジョージは良い人だけど、気が効かない。

西部劇風なのですが、現代に置き換えても良いかと。

 

フィルはピーターに色々と馬に乗る方法、ロープを編んだり親切にしてくれます。

一緒に柵を作るピーターとフィル。途中、フィルは手を怪我してしまいます。

そしてローズのアルコール依存症は悪化。

 

ピーターはある日、死んだ牛を発見、皮の一部を切り取り持ち帰ります。

泥酔したローズは、フィルが保管してた牛の皮を勝手に売ってしまいます。

激怒したフィルに持ち帰った牛の皮を譲るピーター。

勘の良い人はこれで気がつくかもしれません。

大事なヒントは伏せています。ネタバレ度はいつもより多い70%にしました。

 

この映画、2021年/第78回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞。

2022年/第94回アカデミー賞では作品、監督、主演男優、助演男優、助演女優、脚色など主要部門ほか、計11部門で12ノミネート、同年度の最多ノミネート作品です。

 

正直、どこが?と思ってしまうのだけど😅

ラストまで見ればわかると思います。本当に驚きました。

地味な流れで、大きな事件も起きません。

ただ、最後にはこの作品の素晴らしさを語るモノがあると思います。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^