ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「子宮に沈める」大阪の事件を映画化

実際に起きた事件を基にした作品。優しい母親が壊れ、育児放棄する物語。

2013年製作・日本・95分

ネタバレ度80%くらい

f:id:luccax:20220310170229j:plain

ストーリー

夫、子供2人と幸せに暮らしていたが突然、離婚となった由希子。

子供2人を育てていたが・・ホストに夢中になり育児放棄してしまう。

 

こんな内容です。

大阪の事件が基だったようです。(大阪2児餓死事件)

最初、2人の子供と明るく遊び、お弁当を作る優しい由希子でした。

けれど、夫と離婚となり、自分が働くため余裕がなくなります。

それでも、資格を取って働けば・・と思ったり。

 

優しい母だったのに多忙とストレス、そしてホストを好きになり変わっていきます。

壊れていく由希子も見ていて辛いのですが・・子供たちはもう、まともに見れません。

誰かに相談出来なかったのか。

映画というより、ドキュメンタリーのように流れます。

 

確か音楽もなく、部屋で過ごす子供たちの「生活音」だけが聞こえてきます。

買ってきたお弁当を最初、食べていた子供たち。

由希子は次第に帰らなくなり、幼い子供2人だけの生活が続きます。

お腹が減って、インスタントラーメンをそのままかじったり。

冷蔵庫にある調味料をそのまま飲んだり・・。

とても痛々しいシーンが続きます。

 

そしてある日、由希子が戻り衝撃でした。

由希子は、子供たちが部屋から出ないようにドアなどにガムテープで止めていたのでした。

ドアが開いたら、ベランダに出て誰かの目に留まったかも。

それを阻止するため、ガムテープを貼ったのでしょうね。

酷い母親でした。

 

この映画を観たのはずっと前です。

とてもすぐに書ける気になれなくて・・今、やっとの思いで書いています。

おすすめはしないのですが、このような事が二度と起きないように、近所に困ってる人がいたら、この映画を思い出して欲しいと思いました。

もちろん、2人の子供は亡くなってしまいます。

その後、シングルマザー由希子の行動も恐ろしいと思いました。

人間が壊れるというのはこういう事なのかな、と。

あんな事、普通は出来ないでしょう。

(ラストシーン)

女優さん、子役の演技は素晴らしいです。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★1個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^