ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」夫婦の亀裂

タイタニック」のレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットが共演。夫婦の葛藤を描いているヒューマンドラマ。

原作はリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」

2008年製作・アメリカ・119分

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20220323190747j:plain

ストーリー

1950年代アメリカ・コネチカット

愛し合う夫婦・フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は2人の子供にも恵まれていた。

レボリューショナリー・ロードに一軒家を購入、幸せに暮らしていたある日、息苦しさを感じ始めるエイプリル。

 

こんな内容です。

最初は幸せを感じていた夫婦、子供もいて郊外に家もあり・・絵に描いたような2人。

夫も会社に通い、それなりに安定した日々。でもそれだけじゃ満足出来ない人も・・。

エイプリルは若い頃、女優を目指していたのですが成功しなかった。

夢を持つのは良いことだし、追いかけるのも良い。

でも、家庭を守るだけの妻・母としては生きがいを感じないのでしょう。

そんな妻を理解出来ない夫・フランク。

 

ある日、エイプリルは若い頃の夫の写真を見て、パリで暮らしたいと言い出します。

今の会社を辞めて家族でパリに行こうと。

自分が仕事をして貴方は自由に好きなことをしてほしい、と言うエイプリル。

妻が仕事して、夫は遊んで暮らせるなら・・万歳ですよね、フランクは。

そんな2人に呆れる周囲の人々。

 

2人はパリ計画を準備中、考えにズレが生じます。

話し合えば良いわけでもなくて、この場合どうしたら良かったのか・・。

人間ドラマなので色々と考えてしまいます。

エイプリルは自分の夢は諦め、フランクが夢を叶えることで自分もソレに乗っかりたい・・という感じだったのかな。

難しい夫婦の物語でした。

 

2人の演技は素晴らしくてさすが!って感じです。

女性なら彼女の行動は理解出来るのかも、って思いました。

ミザリー」のキャシー・ベイツ、「ノクターナル・アニマルズ」のマイケル・シャノンも出演。

第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)受賞。

第81回アカデミー賞美術賞、衣装デザイン賞、助演男優賞ノミネートしています。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^