ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ファナティック ハリウッドの狂愛者」ファン心理がエスカレート!

ジョン・トラボルタがストーカーに?

驚きの内容と主人公でした。きっと誰もが驚くはず。

2019年製作・アメリカ・88分

ネタバレ度40%くらい

ストーリー

映画オタクのムース(ジョン・トラボルタ)は俳優ハンター・ダンバーが大好き。

カメラマンの友人に頼み、セレブの家探しのアプリを教えてもらい、ハンターの家を見つける。

 

こんな感じで始まります。

見終わって作品チェックして初めて!主人公ムースを演じたのがジョン・トラボルタと知りました。

最後まで気がつきませんでした😅

 

ムースは少し知能が?という雰囲気もあり、周囲の知り合いからバカにされてます。

でも、カメラマンの友人は彼を大切に思ってくれてます。

大好きなハンターのサインが欲しくてサイン会に参加したムース。

でも、ハンターは並んでるファンを無視して私情でその場を抜けてしまいます。

サインが欲しかっただけのムースはハンターに接近するのですが・・怒鳴られてしまいます。

 

寂しいムースはハンターの家に入り・・。

家に妙な男が侵入してる・・と不安になるハンターは息子を守りたい。

周囲からバカにされているムースには嫌いな言葉があり、それを言われるとキレてしまいます。

でも基本、ムースは良い人です。

 

ある日、ハンターの家に侵入、歯ブラシで自分も歯を磨くムース。家の中のものを勝手にみたり・・・完璧にストーカー状態。

家に戻ったハンターは何も知らず。眠った彼を写真に撮り、顔に触るムース。

 

ムースの行動を心配、忠告する友人ですが・・。ハンターをベッドに縛るムースは・・という展開に。

最初、彼を激しく拒否したハンターですが次第に状況を把握・・そこは俳優としてうまく収めようとします。

 

時間も短くサクサクと見れる映画ですね。

サスペンス風でありますが怖さはありません。

後半、暗闇でややショッキングなシーンもありますが一瞬だけ。ムースが怒って行動がエスカレートする・・という流れ。

ラストは納得できないというか、消化不良の感じもあります。

でもB級としてまあまあでした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^