ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー」呪われた絵画

ジェイク・ギレンホール主演のホラーサスペンス作品。

2019年製作・アメリカ・112分

ネタバレ度40%くらい

ストーリー

ジョセフィーナは同じアパートの住人である老人ディーズが亡くなり、残された絵画を発見。

不思議な魅力を感じ、勤務先の画商ロドラに相談、高値で売ろうとするが・・。

 

こんな感じで始まります。

親しかった訳でもないのに・・勝手にディーズの絵を売ってお金に!という図々しいジョセフィーナ。

しかもロドラも高値になればと考えます。

ところが、美術評論家モーフはディーズの調査を始めたら、謎の事件が発生。

ディーズの絵をめぐり、謎の死を遂げる人物が続出という展開。

 

ホラーというほど怖くない。

サスペンスというほど謎もない。

やや、中途半端な感じもある作品ですがまあまあ、楽しめました。

グロシーンもほぼありません。

 

ディーズの絵は沢山あるので売ろうとすればすごい金額になります。しかも欲しがる人もいるのです。

それを勝手なことをしたせいで事件が起きる、という展開に。

ジェイク・ギレンホールもオネエ言葉も興味深い映画でした。

 

全体的に怪しい感じの作品ですね。

アート世界の裏側も描いてるのが面白かったです。

お金のためなら皆すごいと思いました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^