ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「タルーラ 彼女たちの事情」誘拐した理由

3人の女性たちの母性を描いてる作品。子供を誘拐した事は犯罪だけれど、その思いは理解できますね。

2016年製作・アメリカ・111分

ネタバレ度50%くらい

ストーリー

車上生活を送るタルーラ(エリオット・ペイジ)は恋人ニコと別れ悲しかった。

ニコの母マーゴ(アリソン・ジャネイ)が住むニューヨークへ行くも、追い返されてしまう。

高級ホテルでタルーラを客室係と思い込んだ女性キャロライン(タミー・ブランチャード)は娘をタルーラに押し付け外出。

勝手な母親・・と子供を不憫に思うタルーラはその子を連れ去ってしまう。

 

こんな感じで子供を誘拐する気はないけれど、結果的には罪を犯してしまったタルーラ。

キャロラインは子供に興味もなく、タルーラに押し付け遊びに行ったのです。

母親だけど育児放棄ですよね。タルーラは衝動的に子供を連れて行ってしまうのでした。

育児放棄された子でも・・連れ去るのは犯罪、誘拐です。

そこまで深く考えないのがタルーラなのです。

 

お金もないタルーラはニコ母マーゴを頼り家に。

図々しいタルーラに呆れながらも、「ニコの子」と、嘘を信じて家に置くマーゴ。

新聞で誘拐事件になってると知り、怯えるタルーラ。

子供を誘拐された!と、大騒ぎで警察に事情を聞かれるキャロライン。子供がいなくなり、母性が目覚めたのか・・悲しくなります。

夫の気持ちを取り戻すため、子供を産んだけれど・・彼女には育てる気もなくて邪魔だったのです。

 

マーゴはタルーラが何かを隠してると感じ、話すように言うのですが。

3人の女性、それぞれに違う母性というか、感情で気持ちが伝わる作品でした。

子供を産んだことのないタルーラですが、子供を守ろうとする思いがありました。

子供の母親だけれど、育てる気も愛する気もなかったキャロライン。

ニコの母マーゴは、タルーラを守ってあげようと必死。最初、追い出したほどに嫌がっていたのに。

 

嫌な相手でも少し関われば、その人を理解しようとして嫌な気持ちも薄れていくのかも。

特に女性は守りたい、と思いがあるのだと感じました。

うまく説明出来ないけれど、とても良い映画です。

未視聴の方、おすすめ。

ネットフリックス視聴です。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^