ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「名も無き世界のエンドロール」執念と計画

ありがちなサスペンス・・と思ったらまさかの衝撃ラストでした。

一途な思いで幸せになれたのかな。原作は行成薫の小説。

ネットフリックス、アマゾンプライムビデオでも視聴可能。

2021年製作・日本・101分

ネタバレ度70%くらい

ストーリー

複雑な家庭で育ったキダ(岩田剛典)、マコト(新田真剣佑)は虐められていた転校生ヨッチ(山田杏奈)を助け、仲良し3人組に。

20歳の頃、ヨッチは2人の前から消えてしまう。

政治家の娘であり、モデル・リサ(中村アン)が気に入ったマコト。

 

こんな感じの内容。

マコトはリサを気に入り、食事に誘いますが拒否されます。

2年後、彼女に似合う立場になり再び、誘うマコト。

リサは相手が自分に似合うお金持ちならOK!って女性。

モデルとして有名なリサへ、クリスマスにプロポーズしようと計画するマコトはキダの協力を得ます。

 

キダはマコトの強い思いを知り、何でも協力しています。

このプロポーズはマコトの思いが詰まってるんですよね。それがまさか・・でもあり、わかる人にはわかります。

映画は時系列もあるので少しややこしいかも。

 

昔、自動車整備工場で働いていた時、リサと出会ったマコト。

犬をはねて・・と、車の修理でリサが来たのです。

リサを演じる中村アンの演技が素晴らしく良かったですね。生き生きと悪女を演じてる感じが。

 

マコト、キダに愛されるヨッチは優しくて繊細な女の子。彼女を愛する男2人も争うことなく友情で繋がってます。

普通、この場合はヨッチを奪い合い・・と展開になりそうだけどならない。

それはキダがすごく良い人だから。

 

ラスト20分の真実!というのは正直、前半で読めてしまったけれど、作品として良かったですね。

「犬」という時点で予想できました。

でもあのシーンは作り物でもいらないかな。

このタイプの映画の場合、ラストは誰かが逮捕されて・・みたいにならなくてそこがすごく好き。

 

伏線回収もバッチリ!でスッキリ。

未視聴の方、推理しながら見るのをおすすめ。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^