ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「誰も守ってくれない 」恐怖のマスコミ

兄が事件を起こし、逃げ惑う加害者家族の様子を描いてます。容疑者の妹をマスコミから守る刑事の苦悩も。

アマゾンプライムビデオで視聴。

2009年製作・日本・118

ネタバレ度50%くらい

ストーリー

平凡な4人家族の船村家・・ある日、未成年の長男が小学生殺人事件の容疑者として逮捕される。

刑事・勝浦(佐藤浩一)、三島(松田龍平)は容疑者家族の保護を命じられる。

 

こんな感じで一気に引き込まれます。

未成年の犯罪・・という事で報道陣たちがすごい勢いで船村家にやってきます。

「容疑者の顔を撮れ!」と。

それが次第に「容疑者の家族も同罪」と、マスコミだけでなくネットを中心に拡散されます。

容疑者の妹・沙織(志田未来)を守るため、場所を変え逃げる勝浦。

ネットでは物凄い勢いで2人を捜索、すぐに居場所がバレてしまいます。信じていた沙織の友人までもが裏切り者で・・という展開。

 

まず、すごく驚いたのが事件が発覚後、すぐに警察は加害者家族を守るため、両親をその場で離婚させます。

苗字を変える必要があるから。

容疑者と同じ苗字だとよけいに周囲から責められる、って事ですよね。

その場で離婚、すぐに奥さんの苗字にするため、奥さんの方に婿養子で再婚です。

こうやって加害者家族を守るんですね・・衝撃でした。

 

その後、両親は家宅捜査のため家に残り・・妹を保護するため、指示された場所へ移動を続ける勝浦。

けれど、マスコミにバレて写真を撮られてしまいまた、場所を移動するはめに。

そんな勝浦が逃げ込んだ海辺のペンション。

そこはある事件の被害者夫婦がいる場所でした。

加害者家族・沙織を連れて逃げる勝浦は、別の事件・被害者家族に助けを求めるのでした。

まあ、ペンションという場所だったからですが。

 

15歳の沙織を演じる志田未来の演技が素晴らしいですね。

常に周囲を警戒、社会に対する怒りを持ちつづけた目、表情が良かったです。

勝浦を演じる佐藤浩一はもう、安定の演技。

三島役の松田龍平がチャラくて、緊張した空気を良い意味で壊してる感じ。

ペンションのオーナー夫婦は、柳葉敏郎石田ゆり子

他に、木村佳乃佐々木蔵之介佐野史郎ムロツヨシなど。

 

古い作品なので視聴してる方は多いでしょうね。

フジテレビ「踊る大捜査線」の脚本家・君塚良一が監督、亀山千広がプロデュース。

ネットやマスコミは「警察は税金で加害者家族を守ってる」「警察は被害者家族を守れない」と、「加害者家族も同罪」と、責めます。

この描写がすごく怖い、本当に恐怖でした。実際、あんな事が起きてるなんて・・。

 

前半、勝浦に連れて行かれる沙織ですが状況がいまいち、理解出来ていないのに苛つきました。

加害者家族だから追われる・・というのを15歳なら理解出来るはず。

それとも、この作品が作られた2009年ごろって社会の意識はそんなモノだったのか・・。

 

沙織の母、裏切った友人などのシーンは驚きました。

勝浦も家族を失いそうになりながら、必死に仕事として沙織を守る姿に感動。

重い内容だけど観て良かった作品です。

未視聴の方、おすすめ。

プライムビデオで見放題でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^