ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「コーダ あいのうた」愛する家族のために!

フランス映画「エール」のリメイク。両親、兄と暮らす高校生のルビーだけ耳が聞こえる家族の物語。

2021年製作・112分・PG12・アメリカ・フランス・カナダ

ネタバレ度50%くらい

ストーリー

幼い頃から、家族の耳として通訳をしているルビー(エミリア・ジョーンズ)は高校生。

毎朝3時に起床、家業の漁業を手伝う日々。

新学期、気になる男子と同じ合唱部に入部するルビー。

 

こんな内容です。

「エール」と基本内容は同じですね。向こうは弟だったのが、こちらでは兄がいる設定。

そしてこちらの家業は漁業ですが、「エール」では酪農、農業です。

漁業になった分、こちらではルビーがいない日、船舶からの警告が聞こえず、聴覚障害者だけで船に乗るのは危険・・とお金がないのに罰金を支払う羽目に。

 

ここで家族と言い合いになったルビー。

通訳を雇って船に乗せるお金はない、けれどルビーにも自分の人生もある、予定もある。

毎日、船に乗って家業を手伝うのは厳しい、それを理解してくれない両親。

兄(ダニエル・デュラント)は家族の犠牲になるな、とルビーを庇ってくれるのですが・・。

母親(マーリー・マトリン)は特に心配を理由に手元に彼女を置いて家業を手伝わせたい、

「あなたが通訳をしてくれないと困る!」という流れ。

 

子供は親の所有物ではないし、家業を手伝うため生まれてきたのでもない。

それなのにずっと通訳をさせられ、我慢してきたルビーは怒ってしまいます。

それでも家族にとって自分は必要な存在・・大好きな家族と考え直して家業を手伝う事に。

親を捨てられない気持ちも理解出来るけれど、ずっと親のそばにいて助けることも出来ない。

その葛藤に苦悩するルビーは「エール」でも同じです。

 

ルビーは家族と仲良しで絆も深い、だから歌の練習よりも家業を優先させるのです。

大好きな歌を先生に認められ、頑張りたいルビーなのに。

合唱部の歌を見に行った日、無音のシーンがあり、家族にはこんな感じなのね・・と、驚きます。

愛するルビーの歌声が聞こえず、切ないと思います。

 

「エール」の方が好きな男の子マイルズ(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)との絡みは少ないですね。

歌の試験の時、最初は行かない、と言ってたルビーが行く気になり、ハラハラしたシーンが「エール」の方が興味深かかった。

先生もユニークキャラで面白かった印象も。

最初に観たのが「エール」で泣けました。

ラストは同じく音楽の専門大学に行く彼女を応援する家族たち。

arasuji.hateblo.jp

これは内容を知ってるので無意識に「エール」と比べてました。

どちらも家族愛の素敵な物語、でも私は「エール」の方が好きでした。

未視聴の方、おすすめです。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^