ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「アンホーリー 忌まわしき聖地」奇跡を起こす少女の謎!

聾唖の少女が突然、耳が聞こえて話せるように。しかも病人を治して奇跡を起こす。人々は聖母マリアの再来・・と騒ぎ始める。

原作はイギリスのホラー作家ジェームズ・ハーバートの小説。

2021年製作・アメリカ・99分

ネタバレ度60%くらい

ストーリー

ジャーナリスト・ジェリーは取材のネタを探していた時、教会の敷地内の木の洞に古い人形を見つける。

お守りだと説明を受けたが、「古いお守りが壊された時、家畜の怪死が始まった」と、記事を書くために人形を踏み潰してしまう。

 

こんな感じで始まります。

夜、木の洞に行くとアリスがお祈りをしていたのを聞くジェリー。

しかし、彼女は生まれつき耳が聞こえず、話すことも出来ません。

ある日、教会に集まっている人々の前でアリスは「ある女性の方から・・メッセージがあります」と、話します。

聾唖者の彼女が喋ったので驚く人々。

 

マリアという女性から、歩けない少年に歩くようにいわれ・・指示を出します。

歩けない少年は人々の前で、車椅子から立ち上がり歩き出します。

「マリア様の再来」と、アリスに祈る人々。

ジェリーはすべて撮影、録画をしてメディアに流し、小さな村は大混乱に。

一部の人は聖母マリアを目撃している、奇跡が起きた、などど話す

、牧師たち。

 

皆、アリスに会いたがり混乱状態に。

しかし、「これがマリア様の望みなの」と、人々の前で話すアリス。

一方、ヘイガン神父は壊れた人形を発見。

悪魔に脅され、体調が悪化するも・・アリスが手を胸に置くと病気が治ってしまう。

歩けなかった少年の病気も完治、理解出来ない状況が続く。

 

ジェリーは、踏み潰した人形には悪魔を閉じ込めてあった・・と、知る。

ヘイガン神父はサタンに脅され、殺害されるが自殺として処理される。

村には観光客も増え、皆がアリスに会いたがっていた。

 

マリア・エルノアという女性が魔女でありながら、サタンの花嫁だった・・と、古い本で知るジェリー。

マリアは聖母マリアの代弁者だと主張したが、オークの木に吊るされ、遺灰と魂をカーン・ベビー(人形)に封じ込められていた。

魂を捧げた者は病気が治り、刃向かった者は非業の死を遂げた。

マリアはサタンの僕、マリアの顔には聖母マリアを模した仮面が釘で打ち付けられた。

マリアの死後、治ったはずの病気も元通りに。

ヘイガン神父はこの本を見つけ、殺された、と考えるジェリー。

聖母のフリをしたマリア・エルノアによる悪魔の仕業・・と。

 

マリア・エルノアを信じたアリスは病気が治り、聖母マリアと信じて信者を増やしていた。

信じれば病気が治るのならば・・サタンでも信じて良いかな、とか。まあ、仕返しも怖いけれど。

この場合、素直にアリスのように信じれば悪いことは起きなそう。

でも、ヘイガン神父の件もありますしね。

この後、大変な展開に。

 

すごく興味深くて面白かったです、おすすめ。

ホラーですがグロシーンはありません。

アマゾンプライムビデオで視聴。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^