ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ハロウィンの呪文 ブリッジホローは大騒ぎ!?」子供と楽しめるホラー

ハロウィン!となればカボチャですよね。アメリカじゃこの時期、家を飾り物でいっぱいにして楽しみます。

ネットフリックス視聴、子供と一緒に楽しめるコメディ。

2022年制作・アメリカ・91分

ネタバレ度30%(後半ネタバレ度90%)

ストーリー

シドニー一家は引っ越して来た街がハロウィン大好き!とは知らなかった。

幽霊などを信じない父親は娘のハロウィン飾りを拒否する。

 

こんな感じです。

何も知らず、越して来た家はマダム・ホーソン(20世紀屈指の交霊術師)の家だったのです。

シドニーはオカルト研究会に入りたいほど幽霊好きな子。

でも父親は化学しか信じない・・実はハロウィンが嫌い。

シドニーは友人に頼まれ、ウィジャ盤(コックリさんみたいな?)で聞いてみると、亡きマダム・ホーソンは家にいるとわかる。

不思議なことが起こり、導かれるままに家の中を進むと・・古い木箱を発見。

木箱の中には古びたランタンがあった。

両親に説明するも信じてもらえないシドニー

もっと知りたい方

ネタバレ度90%

 

木箱の中にあったランタンからコウモリ出現!次々と街のハロウィン飾りが動き出す異様な事態に。

解明しようとするシドニーに対し、あれは演出!と信じない父。

マダム・ホーソンは亡くなったが孫のビクトリアは施設にいるとわかり、事情を聞くことに。

 

昔、多くの霊媒師が家に集まり、古い呪文書グリモワールを使う手筈だった。

交霊術でスティンジー・ジャックの霊を呼び出し、呪いを封印しようとした。

ランタンは悪魔からの贈り物であり、ジャックはランタンで人間界と霊界を行き来していた。

ハロウィンの時期に人々を苦しめていたが、ジャックは満足出来ず、毎晩ハロウィンにしようと計画。

真夜中までに別の魂を霊界に送ればジャックは毎晩、自由に出来る。

 

1972年ハロウィンの夜、マダム・ホーソンはジャックの計画を阻止。

魔術でジャックの霊をランタンに閉じ込めた。

ランタンに火が灯らない限り、問題はない。しかし、火を灯せば・・ジャックが再び、暴れ出してしまう。

 

突然、施設の中に目が赤い蜘蛛が大量に発生・・目が赤いゾンビまで暴れ始める。

出て来た霊を閉じ込めるには呪文が必要。

マダム・ホーソンの呪文書を買い取った人物がいると知り、探しにいくことに。

呪文書はなんと!学校の校長が趣味で買い取っていた。

 

呪文を信じて唱えれば・・効果があるという校長。

そこへ大量のゾンビ集団に襲われてしまうシドニーシドニー父、友人、校長たち。

交霊術でホーソンを呼び出し、助けを求めるシドニーたち。

一方、街ではモンスターたちに襲われ、人々はパニック状態に。

 

ランタンのある家ではシドニー母がジャックに襲われ、助ける父。

シドニー母が、ジャックに霊界に連れていかれそうになるが・・父が呪文を唱えてジャックは消滅。

街にも平和が戻る。

 

これで終わりです。

コメディであり、子供向けでもあるので軽いタッチで怖くありません。楽しくハロウィンのホラー鑑賞、という感じでした。

笑いもツッコミもあるけれど、面白かったです。

映像としては最新の映画とは思えなかったけれど^^;

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^