ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「糸」あらすじと感想

1998年にリリースされた中島みゆきの「糸」をモチーフにした作品。平成元年に生まれた男女18年間の物語。

ネットフリックス、プライムビデオで見放題。

2020年制作・G・日本・130分

監督 瀬々敬久

原案 平野隆

脚本 林民夫

ネタバレ度30%(後半ネタバレ度90%)

ストーリー

平成元年、高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)は北海道に生まれる。

2人は13歳の時に出会ったが、葵の母親は男と問題があり突然、消えてしまう。

必死で葵を探し、駆け落ちしようとする漣は警察に捕まり、保護されてしまう2人。

その後、葵は北海道から引っ越してしまう。

 

こんな感じで2人の人生を描いてます。

すれ違いの人生であり、じれったい感じもありますね。

もっと知りたい方

90%のネタバレ

 

8年後

北海道のチーズ工房で働いている漣は、友人の結婚式で葵と再会。

「世界中を飛び回って生きる」と、いう葵。

「俺は普通にここで暮らす」と、言う漣。

生活保護の通知で、母が亡くなっていたことを知る葵。

 

葵は生活費、学費のためキャバクラで働いて令子・水島らと出会う。

ファンドマネージャー・水島(斎藤工)と暮らしていた葵だが・・水島の事業は破綻・・お金を葵に残して消える。

友人・令子(山本美月)を頼り、シンガポールへ行く葵。

客とトラブルを起こし、クビになった令子と一緒にお金を稼ぎ、自分たちのネイリスト店を経営することに。

 

妻の香榮倉奈々から、腫瘍が見つかった・・と告白される漣、家族たち。

帝王切開で出産後、手術で腫瘍を摘出するも3年後、香は逝去。

漣が長女・結を育てる。

 

シンガポールで順調に店を経営してた葵と令子だったが・・。令子は勝手に店のお金を不動産に使用、借金までして逃走。

令子と再会するが・・文句を言えない葵は水島(斎藤工)から受け取ったお金で精算、日本に帰る。

 

香の死後もチーズ工房にいた漣だったが、もう十分だ、と義父に言われて家を出る。

失敗したはずのチーズがミシュラン三つ星レストランに認められる漣。

 

葵は北海道で昔、世話になった子供食堂の記事を読み向かう。

子供食堂の女主人・村田節子(倍賞美津子)と再会、号泣する葵。

「泣いてる人がいたら、抱きしめてあげなさい、ってお母さんに言われたから」と、女の子に後ろから抱きしめられる葵。

女の子の父親が迎えに来て、漣と気が付かない葵。

 

葵が来ていた・・と知る漣はフェリー乗り場に急ぐ。

やっと、葵と再会する漣・・

抱き合う2人。

―完―

ラストシーンは花火もあり、予想してたとはいえ良かった!と言える作品でしたね。

出会ってもすぐに結ばれることもなくて・・すれ違う2人の人生。

でもやっと最後には結ばれる・・という王道の物語。

何度も歌で流れる「糸」も良かったけど、多すぎな気も^^;

 

病気で亡くなる役の榮倉奈々、痩せて本当に大丈夫なのかと思うほどの役作りでした。

この作品は出演者も豪華であり、勿体無いほどの使い方も印象に残ります。

あの斎藤工二階堂ふみ成田凌もちょい役って感じ。

ロケも北海道、沖縄、シンガポールまでと制作費も凄かったでしょうね。

多くの女性がそうだけど、小松菜奈は本当にメイクで別人になれる人ですよね。この映画では素顔っぽい雰囲気、顔が最高に可愛かったです。

 

何よりも、この映画で菅田将暉小松菜奈が結婚・・・という流れには驚きます。

予想通りのラストだったけれど、恋愛映画って良いなあ・・と改めて思えた作品でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^