ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「THE WAVE/ザ・ウェイブ」自然災害の恐怖

災害を描いているパニック作品!警報が来たらすぐに逃げないと危険、でもノンキな人もいますよね。

2016年製作・ノルウエー・105分

ネタバレ度40%くらい

ストーリー

ノルウェー/ガイランゲルフィヨルド世界遺産に登録されている景勝地

地質学者・クリスチャン(クリストッフェル・ヨーネル)は石油会社のオファーを受け、研究所を離れることに。

引っ越し当日、データの異変に気がつき、岩盤崩落の前兆を知る。

 

こんな感じ、ノルウエーで大ヒットしたディザスターパニックです。

このタイプの映画あるあるで、周囲の人は学者の意見を最初、信じないのです。

警報も切ったりして、よくあるデータ異常・・とか思ってる。

でも学者は必死で危険なことを説明、逃げるように説得するのですが・・という流れ。

 

岩盤崩落のシーン、津波も起きて怖かったです。

人々が逃げてるのに・・間に合わずという展開。

クリスチャンには妻・イドゥン、息子・ソンドレ、娘・ユリアがいます。幼いユリアは親の言うことを聞くのですが、若者のソンドレが苛立つ展開に。

そのせいで・・と危険も。

 

主人公クリスチャンは家族を守るため、必死で考えて走ります。

でも災害を止めることは出来ない。

それが本当に怖かった。それと水の恐怖ですね、私は泳げないからあんなのダメ!って思っちゃいます😅

小さな観光地であり、ホテルに泊まっている客も多い。

そんな中、警報が鳴って・・というのもリアルに感じます。

 

古い作品なので視聴した方も多いでしょうね。

まだの方、ネットフリックス、アマゾンプライムビデオで見放題です。

私はうっかり吹き替えで視聴、違和感あるので途中からノルウエー語の字幕付きで見てました。

おすすめ!

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^