ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ある女流作家の罪と罰」感想

実話に基づく物語!売れなくなった作家がお金の為、手紙の偽造をはじめてしまう。

2018年リー・イスラエルの自伝が原作。

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211116190707j:plain

ストーリー

1967年、リー・イスラエルメリッサ・マッカーシー)は伝記作家としてベストセラーも出したが、本が売れなくなり、家賃も滞納する生活だった。

 

追い込まれたある日、有名人が自分に宛てた手紙を売ることに。

予想外の値段に驚き、セレブの手紙を偽造すればお金になる、と考え始めたリー。

友人ジャック(リチャード・E・グラント)と手を組み、手紙の偽造を続ける。

 

こんな内容です。

面白くて夢中で視聴、とにかくおすすめ。

リーはだらしがない性格で部屋も汚い。言葉遣いも乱暴なのですが・・さすが作家!手紙の偽造は上手いのです。

 

皆、本物だと信じて良い値段で買い取ってくれます。

こんな事して怖くないのかな、バレたら・・なんて思わないのかな、と思ってたのだけど。

リーは図太いので次々と偽造、売り歩くのです。

 

でも、こんな生活が長く続くはずはないですよね。

そして手紙を売る時はドキドキ、バレるか?売れるか?と、緊張します。

本当に彼女は逞しい。

コミカルな流れもあり、サクサクと視聴できます。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^