ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「オーシャン・オブ・ファイヤー」感想

ロード・オブ・ザ・リングアラゴルン役のヴィゴ・モーテンセンが実在した伝説の騎手を演じます。愛馬ヒダルゴとのシーンは愛らしい。

2004年アメリカ映画

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20211129165454j:plain

ストーリー

19世紀末、アメリカ西部のカウボーイ/フランク・ホプキンス(ヴィゴ・モーテンセン)は愛馬ヒダルゴと、過酷なエンデュランス馬術競技に参加することに。

レース中、唯一のアメリカ人ということもあり、妨害されながらもヒダルゴと共に走る。

 

こんな内容です。

レースだけでなく、インディ・ジョーンズのように悪党に襲われて・・とハラハラのアクションシーンも。

 

ホプキンスは馬を友と考える人であり、野生馬(ムスタング)を保護するため、行動しています。

アラブの族長が主催する「オーシャン・オブ・ファイヤー」に誘われ、参加するのですが・・。

このレース、賞金は10万ドル、3000マイル(約4800km)のアラビア砂漠を横断するのです。

 

通常、正しい血統のアラブ種だけが勝つ、といわれるレースを走るホプキンス。

ヒダルゴはムスタング、「まだら馬」と、呼ばれてバカにされます。

そして優勝するためには何でもする、馬は道具、という人間もいます。

 

エンデュランス馬術競技は、長距離を数時間かけて走り、そのタイムを競うもの。

耐久競技なので普通は、獣医師が馬の健康状態などをチェックするのだそう。

でも、この当時は勝つために優勝賞金のため、馬に無理をさせていたと思います。

 

原題は「Hidalgo」これは馬が主役の作品です。

本当にヒダルゴの演技が素晴らしく可愛くて、合図だけで色々と動きます。

調教師の命令なら動くのはわかりますが、ヴィゴの命令でも演技してくれるのがすごい。

 

このヒダルゴ役の馬は5頭いて、そのうちの1頭を撮影後、ヴィゴは買い取ったそうです。

5頭いたとは調べてわかったのだけど、観てる時は気づかなかったです^^;

じっくり観れば違うのわかるかも?

実際のホプキンスはムスタングの保護活動をしていたそうです。

恋愛はほぼなし、愛馬ヒダルゴとの物語です。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^