ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「朝が来る」育ての母と生みの母

養子縁組で赤ちゃんを迎えた夫婦と子供を産んだ母親との物語。月日の流れは人を変えてしまいますよね。

2020年製作

直木賞本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説。テレビドラマ化もされた作品。

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211228162159j:plain

ストーリー

栗原清和(井浦新)と佐都子(永作博美)は子供が出来ず、諦めていたある日、特別養子縁組を知り子供を迎える事に。

男の子を産んだ母親・片倉ひかり(蒔田彩珠)と会う清和、佐都子たち。

数年後、「子供を返してほしい」と、ひかりからの電話に驚く佐都子。

 

こんな内容です。

清和と佐都子は子供を諦めていたところ、養子の話を知り、浅田美代子演じる浅見に会いにいきます。

 

井浦新永作博美の演技はもちろん、すごく良かったです。

そして、ひかりを演じた蒔田彩珠という子、繊細な演技で今後、大きく伸びそうな女優になると感じました。

 

育てた母と生みの母。

2人の女性の思いは複雑なのでしょうけれど、ラストでリンクしたと思います。

ひかりが佐都子に託した手紙、これで思いが通じたと。

事情があり育てられないひかりの思い、これも切なくて。

そして子供を願う夫婦の思いも切ない。

 

命の重さ、子供を預かり育てる難しさも描いてる作品です。

テーマは重いけれど、観て良かったと思います。

情報なしで観るのをおすすめします。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^