ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「オロトゥーレ」驚愕のラスト!

ナイジェリアの人身売買の闇を描いた衝撃の作品。見終わった後、言葉もありませんでした。

2020年製作・ナイジェリア・106分

ネタバレ度60%くらい

ストーリー

ナイジェリアの人身売買の闇を暴くため、売春婦として潜入取材をするエヒ。

 

こんな内容です。

とにかく記者として取材したい気持ちもわかるけれど、どれだけ危険なのか・・想像以上でした。

売春婦のフリをしていた彼女ですが・・取材をするため危険を顧みず、深みに入ってしまいます。

大物政治家の謎のパーティにも潜入、薬で眠らされ乱暴されてしまうことも。

それでも中止しないエヒはこの闇を暴いて・・と強い正義感だったのでしょう。

でも危険すぎるのは承知のはず。

 

彼女と連絡を取っていた上司も危険を感じ、中止するよう命じます。

でも正義感なのか・・止めずに続けるエヒ。

渡欧する仲間がいることを知り、自分も行くと言い出すのです。

結果、恐ろしいことに。

 

これはたぶん、事実であり普通に起きている現実なのだと思いました。

同じ女性でもビジネスとして割り切る人もいれば、逃げ出せず売られる人も。

悲しいというより恐怖の作品でした。

最後の最後まで暗い、重い映画です。

ラストが本当に怖かった。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^